歴史マニアのための魏晋南北朝史~歴史の真髄〜中国史・日本史全般拡大中

三国時代から西晋、八王の乱、永嘉の乱、そして東晋と五胡の時代へ。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

拓跋猗盧の隆盛と西晋の瓦解。~北魏の歴史~

307年鮮卑拓跋氏の大人を拓跋猗盧(たくばついろ)が継ぐ。 八王の乱が終わったのが306年末。その後すぐに拓跋猗盧が立つ。 ●八王の乱終結と鮮卑拓跋氏の再結集という拓跋猗盧にとっての好条件。 ●拓跋猗盧と劉琨の同盟 ● 拓跋猗盧と鮮卑慕容部・慕容皝の同盟…

八王の乱の勝者司馬越に肩入れした鮮卑拓跋氏。~北魏の歴史~

●八王の乱は鮮卑拓跋氏の地位を確立した契機。 ●八王の乱の勝者司馬越側についた鮮卑拓跋氏 ・劉淵に対抗するために司馬騰の要請を受けて鮮卑拓跋氏は動く。 ●鮮卑拓跋氏は拓跋猗盧が再統一する。 ●八王の乱は鮮卑拓跋氏の地位を確立した契機。 258年に鮮卑…

拓跋禄官の代に294年鮮卑拓跋氏三分割。~北魏の歴史~

拓跋禄官。 鮮卑拓跋氏の事実上の二代目である。 ●拓跋力微の死後拓跋禄官が大人になるまで内乱。 ●拓跋禄官は鮮卑拓跋氏を三分割して内乱を落ち着かせる。 ●鮮卑拓跋氏の長、拓跋弗の葬儀を弔問する八王の使者 ●拓跋禄官は宇文氏と婚姻。 ●拓跋力微の死後拓…

始祖拓跋力微は西晋・北魏いずれにとっても最重要人物である。~北魏の歴史~

●異民族を打倒した西晋司馬炎は「英雄」である。 ●104歳で死去したとされる拓跋力微が北魏の始祖 ●拓跋力微の死後の身内争い ●異民族を打倒した西晋司馬炎は「英雄」である。 拓跋力微を西晋の衛瓘は謀略で敗死。 これで、 西晋司馬炎は匈奴だけではなく、北…

司馬炎に用済みとされた拓跋力微は衛瓘により貶められる。~北魏の歴史~

●司馬氏の興隆とともに拓跋力微の勃興。 ●実は西晋の名臣衛瓘(えいかん)の三つの業績 ・衛瓘は蜀漢討伐の時の監軍 ・衛瓘の土断法提案 ●衛瓘の巧みな異民族分断政策(デバインドポリシー) ●拓跋力微が衛瓘の策にはまる経緯 ●参考図書: ●司馬氏の興隆とと…

鮮卑拓跋氏の始祖拓跋力微は旧黄河回廊を押さえて発展する~北魏の歴史~

匈奴や鮮卑など北方異民族の歴史を考える際には、 中心をウランチャブと考えるとわかりやすい。 ウランチャブは代・平城、今では大同市と呼ばれる場所の 更に北である。 中華の歴史は、隋唐までは洛陽や開封を含む、黄河渡河地点が中心。 宋以降は北京が中心…

司馬昭・司馬炎が鮮卑拓跋氏を禅譲正統性の材料にする。

●魏の司馬昭と鮮卑拓跋力微の事実上の同盟 ・司馬昭のメリット ・拓跋力微のメリット。 ●司馬昭の子司馬炎と鮮卑拓跋力微の共存共栄 ●西晋皇帝となった司馬炎、鮮卑拓跋力微が目障りとなる。 ●参考図書: ● 三国時代末期。 いわゆる三国志の時代。 三つの国…

司馬昭が鮮卑拓跋氏に注目し、匈奴の後継者にした。

●258年に登場する鮮卑の拓跋力微 ●258年、魏にとっての意味。 ●司馬昭の政治課題の一つは、中華統一。 ●正統な中華皇帝にとっての最終政治課題は異民族の討伐。 ●皇帝となるべき司馬昭にとっての異民族は匈奴では不適格。 ●司馬昭が「匈奴」の後継者に鮮卑の…

北魏は匈奴の後継者である。~ 匈奴から鮮卑、拓跋氏へ至る経緯~

北魏。鮮卑拓跋部が創った国である。 この鮮卑拓跋部は、古の漠北の強国、匈奴の後継者である。 ●漢民族、因縁の相手匈奴 ●前漢高祖劉邦を屈服させた冒頓単于 ●匈奴を屈服させて真の中華皇帝となった前漢武帝 ●後漢期に匈奴の事実上の滅亡。 ●空白地の漠北に…

姚泓後秦滅亡原因の一つは胡漢融合の失敗。

●内憂外患、四面楚歌の姚泓 ●「文弱」になる、異民族の王の後継者 ●鳩摩羅什が姚興に中華国家を志向させた。 ●中身は「漢人」の姚泓に対する、羌族姚氏の反発。 ●内憂外患、四面楚歌の姚泓 内憂外患。 四面楚歌。 姚泓が後を継ぐも、 非常に厳しい対外情勢と…

非歴史的な韓国、北朝鮮国境線

●朝鮮半島、3つのエリア ●歴史的な「ソウル」エリアを分断する38度線。 ●中華視点なら、平壌が首都としてはベスト。 ●平壌から開城の間にある滅悪山脈が本来の国境線。 ●漢江―臨津江線の北緯38度線は地形的に国境線になり得ない。 先日、ソウルに行ってきた…

姚興の治世後半の落日。仲良し後秦羌族姚氏の末日。

●後秦の運命を決める402年柴壁の戦い。 ・平陽、後秦にとって、北魏にとっての意味。 ●柴壁の戦いにおいて後秦姚興の最大の誤算は拓跋珪の親征。 ●姚碩徳が404年南涼の服属で涼州をほぼ掌握。 ●405年後仇池の服属。これで後秦の対外拡張は終焉。 ●407年赫連…

4代姚興前半期に後秦羌族姚氏は最盛期を迎える。

●姚興の前半期に羌族姚氏は最盛期を迎える。 ・東晋の状況 ・関中以外の華北情勢 ●羌族の仲良し姚氏の本領発揮 ●後秦羌族姚氏の快進撃。 ・394年前秦苻登の撃破。 ・396年河東の確保 ・399年洛陽の獲得。 ・400年西秦の服属化。 ・401年後涼の服属化。 ●鳩摩…

姚萇独立するも袋叩きに遭う~羌族の仲良し姚氏~

●異民族の皇帝から脱皮しつつあった苻堅 ●姚萇、苻堅縊死後長安を奪取。 ●孤立する姚萇羌族姚氏集団 ●前秦苻登との泥仕合 ●前秦苻登の失策。 ●姚萇の反撃、苻登の大敗。 ●参考図書: ●異民族の皇帝から脱皮しつつあった苻堅 皇帝を殺すという大チョンボを犯…

姚萇、苻堅殺しの大チョンボ~羌族の仲良し姚氏~

●王猛の死後、苻堅に重用される姚萇羌族集団。 ●前秦苻堅帝国の崩壊。 ●鮮卑慕容部の慕容泓VS姚萇羌族集団。 ●姚萇の大チョンボ。その1 「秦」 ・秦はまずい。 ●姚萇の大チョンボ。その2 ●皇帝のなり方をしらない姚萇 ●皇帝は絶対に殺してはいけない。 ●参…

姚萇が王猛に警戒された本当の理由~羌族の仲良し姚氏~

●苻堅に降る姚萇 ●姚萇のもとでも、結束する羌族姚氏集団 ●王猛から警戒される姚萇の羌族集団。 ●王猛の遺言 ●王猛が羌(姚萇)を警戒した理由 ・羌族集団の結束力 ・姚弋仲の胡漢のバランス感覚 ・実は王猛の考えは羌族姚氏の始祖、姚弋仲と同じ。 ・胡漢融…

ホンタイジの怒り~大清皇帝功徳碑(三田渡の盟約)~

●大清皇帝功徳碑(三田渡碑)の要旨。 ■清に服属せよ。 ■明を攻めるので従軍せよ。 ■朝鮮の民は清のもの。 ■自衛権を剥奪する ■日本との貿易はしていいから上前をよこせ。 ●大清皇帝功徳碑の原文 ●江戸時代の藩に近い扱いの李氏朝鮮。 ●何故この大清皇帝功徳…

二代姚襄②苻堅に最後は敗死~羌族の仲良し姚氏~

①より続く。 姚襄は東晋に帰属したものの、 東晋陣営との折り合いが悪く、結局自立をする。 ●姚襄、東晋から離反して前燕に付属。 ●姚襄、洛陽にて東晋の桓温と遭遇。 ●姚襄は桓温の第二次北伐と激突 ●姚襄の撤退。 ●357年三原の戦い 姚襄は皇帝になる前の苻…

二代姚襄①東晋を離反するまで~羌族の仲良し姚氏~

高い結束力を誇る羌族姚氏。 これが羌族姚氏の強みである。 ①姚弋仲(ようよくちゅう) www.rekishinoshinzui.com ②姚襄(ようじょう) ③姚萇(ようちょう) ④姚興(ようこう) ⑤姚泓(ようおう) の五代である。 姚襄は、始祖姚弋仲の後を受ける二代目。 35…

始祖姚弋仲(ようよくちゅう)~羌族の仲良し姚氏~

高い結束力を誇る羌族姚氏。 これが羌族姚氏の強みである。 歴史上の羌族姚氏は 下記である。 姚弋仲(ようよくちゅう) 姚襄(ようじょう) 姚萇(ようちょう) 姚興(ようこう) 姚泓(ようおう) の五代である。 姚泓は姚興を継いで一年で東晋の劉裕に滅…

劉裕の北伐、土断、禅譲までの経緯。

東晋の命運にとどめを刺し、南北朝への時代の幕開けを行う劉裕。 ●404年劉裕の全権掌握 ●ここで桓温を模倣することができるのが劉裕の凄さ ●劉裕の第一次北伐、409年南燕討伐。 ●411年孫恩の乱の鎮圧完了。 ●劉裕、412年政敵を排除完了。 ●413年に蜀の確保。…

正史三国志と三国志演義の違い②三国志演義の世界でありたい漢民族

●「晋書」の政治的位置づけ ・異民族が中華を支配する上での大問題 ・唐太宗の大決断 ●モンゴルの元は、五胡と同じ異民族王朝 ●明の快挙がそれまでの史観を変えさせた。 ●明の朱元璋を称えるために作られた「三国志演義」 ● 漢民族至上主義を作り出す三国志…

正史三国志と三国志演義の違い①正史三国志では困るまで。

●正史三国志と三国志演義の違い。 ●魏に配慮する陳寿 ●本音は蜀漢も書きたい陳寿。 ●東晋半ばにこの史観に修正が起きる。 ●蜀漢正統論の始まりは桓温批判のため。 ●正史三国志と三国志演義の違い。 正史三国志は、 晋初に成立している。 著者は陳寿。 陳寿は…

参合陂の場所について。

参合陂の場所について。 結論、これは≒白登山である。 ●参合陂はどこなのか。 ●戦略的要地、参合陂。 ●「陂」の意味。 ●文明の境界線、参合陂。 参合陂の戦いは、 五胡十六国時代の北側の時代に区切りをつけた非常に重要な戦いである。 五胡十六国時代がマイ…

395年と404年。五胡十六国時代末期、北と南はそれぞれ異なるタイミングで時代が代わる。

395年と404年。 五胡十六国時代末期、 北と南はそれぞれ異なるタイミングで時代が代わる。 ●華北異民族は群雄割拠、争乱の歴史。 ●華南東晋の漢民族は権力闘争の歴史。 ●大陸中国という現代の枠組みで考えない。 395年は、 華北の異民族抗争に関する天王山、…

慕容垂、運命の395年参合陂の戦い

慕容垂にとっては自身の運命を決めてしまった参合陂の戦い。 一方、北魏にとっては、華北の覇者となるチャンスを掴んだ、 いわば天下分け目の戦いであった。 天下と言っても、華北だけのことではあるが、 江南を異民族が支配したことはこの時点ではなかった…

慕容垂、運命の395年参合陂の戦い前夜。

●五胡十六国時代から南北朝へ移る時代の変わり目 ●華北の時代の境目は395年の参合陂の戦い ●五胡十六国時代から南北朝へ移る時代の変わり目 華北は395年、 華南、つまり東晋は404年で時代が変わる。 それぞれ区切りを付ける事件がある。 395年は参合陂(さん…

衰退する国家と、孫恩の乱。

●衰退していく国家 ●孫恩の乱は「起義」 ●孫恩の乱の経緯~孫恩が身投げするまで~ ●孫恩集団の宗教性。 ●孫恩死後の反乱は妹婿盧循が継ぐ。 ●劉裕により孫恩の妹婿盧循は鎮圧される。 ●孫恩「起義」の成果。 ●衰退していく国家 衰退していく国家とはとにか…

東晋孝武帝と司馬道子の兄弟争いから桓玄の簒奪まで

●孝武帝と司馬道子の兄弟争い ●恩倖(オンコウ)の初登場 ●398年亡き孝武帝の義兄、王恭の乱 ●司馬道子の子、司馬元顕が孫恩の乱を引き起こす。 ●桓玄が東晋の実権を奪い、皇位を簒奪する。 司馬道子。 東晋末期の悪役である。 謝安を384年に追い出してから…

六鎮は北魏鮮卑拓跋氏の本来の本拠地である。

●北魏にとって「代」こと「平城」は中華との結節点 ●六鎮は北魏拓跋氏の故郷 ●故郷を捨てた北魏孝文帝 ●北魏にとって「代」こと「平城」は中華との結節点 平城は、代である。 現在の大同市。後に燕雲十六州と呼ばれるうちの、「雲」とは代のことである。 こ…