歴史マニアのための魏晋南北朝史~歴史の真髄〜中国史・日本史全般拡大中

これまでは三国時代から西晋。今は八王の乱、永嘉の乱。八王の乱、永嘉の乱は最高に面白い。

成漢建国前史① =蜀漢で培われた独立心=

●劉備が作った蜀漢は元荊州政権。 ●荊州政権の劉備勢力(後の蜀漢)なのに、荊州本国を奪られた。 ●ついに「呉越」が「楚」を領有した。 ●亡命政権、劉備・劉禅の蜀漢 ●蜀の二重構造。 成漢の前に、巴蜀にあった蜀漢の経緯から、 成漢成立時の巴蜀の事情につ…

成漢 桓温討伐前夜

桓温は346年に蜀にある成漢を攻撃。 翌347年には蜀から漢中までを制圧するという大殊勲を挙げる。 ●成漢 実は成国と漢国である。 ●成国の崩壊と、漢国の建国 ●漢を名乗るこの蜀の国は、東晋と完全に相入れなくなった。 当時成漢は混乱をしていた。 ●成漢 実…

東晋北伐⑥ 北伐派と反北伐派

東晋における北伐派と反北伐派について。 ●東晋において何故北伐派、反北伐派という視点がないのか。 ●中華王朝たる東晋にとって北伐は当然 ●事実上の皇帝代理司馬昱 ●司馬昱と桓温が活躍する時期はほぼ同じ。 ●桓温と司馬昱は北伐派。 東晋には実は北伐派と…

東晋北伐⑤ 桓温の成漢討伐

建国以来30年近く停滞している東晋。 この鬱屈とした東晋に 光明をもたらしたのが桓温である。 ●桓温が西府軍を預けられた理由 ●桓温、345年荊州に出鎮。西府軍の掌握。 ●345年の東晋の対外情勢 ●成漢 実は成国と漢国である。 ●桓温の成漢討伐 〈桓温の電撃…

戦国時代概説④ 最後は秦の時代

●秦の献公に始まる7代かけた天下取り。 ●秦の献公以後は事実上の新王朝 ●戦国時代の主導権を秦が握るまでの経緯概観 ①秦の献公年表 ②秦の孝公年表 ③秦の恵文王年表 ④秦の武王年表 ⑤秦の昭襄王年表 ⑥秦の荘襄王年表 ⑦秦王政年表 戦国時代は、 魏の時代が最初…

戦国時代概説③次は斉の時代

戦国時代、魏の次は斉の時代、 である。 ●魏の次は斉の時代である。 ●田乞 田氏の国取り ●田恒(田恒) 姜斉を牛耳る。 ●田和=斉太公、田斉の建国。 ●田剡・田午兄弟争乱。田午が勝ち、斉桓公となる。 ●斉威王(威宣王)の登場 〈覇権国魏を失墜させる。〉 …

戦国時代概説② 最初は魏の時代

●戦国時代をスタートさせる象徴的な事件、三晋独立。 ●戦国時代、初めに覇を唱えるのは魏文侯 ●名君魏の文侯の長い治世が魏を隆盛に導く。 ●魏文侯の行政改革 〈魏の法整備の背景〉 ●魏が法の整備で中央集権制国家のさきがけとなる。 〈法整備の先駆けは鄭子…

戦国時代概説① 戦国時代は魏・斉・秦の三つの極で考える。

(年号は平勢隆郎氏の説による。 私は平勢氏の考えの方が、 歴史の流れとして理解ができるので、 これを支持する。カッコ内の年号は通説である。 通説も諸説あるが最もメジャーなものと 思われるものにした。) ●戦国時代の三つの時代区分: ●戦国時代 最初…

春秋時代と戦国時代の境目はいつか。

春秋時代と戦国時代の境目がいつか。 この結論は、 私は晋の趙氏に内紛が起き、 そこにほかの晋の六卿が介入した前497年、 これが境目だと考えている。 ●春秋時代と戦国時代の境目。通説は晋の視点。 〈前451年(前453年)〉 〈前401年(前403年)〉 〈前386…

東晋北伐④ 庾冰・庾翼の死後、桓温が庾氏勢力の後継者。

●とにかく幼帝を嫌がった庾冰・庾翼: 〈康帝の危篤〉 ●庾冰・庾翼ら庾氏の悲願、北伐。 〈血統を変えてでも成年皇帝にこだわった庾冰・庾翼〉 ●作られたヒーロー、桓温が更に躍進する。 ●桓温を何充が重責に充てる。 ●何充、潁川庾氏と瑯琊王氏の両氏と姻戚…

東晋北伐③ 庾翼の北伐と巴の獲得。

●庾亮の悲願東晋北伐を343年に実現する庾翼とは。 ●343年北伐の実行。 ・遼東の慕容皝、涼州の張駿と連携。 ●康帝の崩御、2歳の幼帝穆帝即位。 ●司馬昱を後継にしようとする無茶。 ●巴の獲得と、庾冰・庾翼の死。 東晋が国家単位で北伐を初めて実施したのが…

桓温擁護論=嘘だらけの西晋・東晋の歴史=

岳飛を超える桓温。 これが、 桓温の実態、その結論である。 南宋の英雄、岳飛を超える実績を持つ桓温、 虚構に満ちた西晋・東晋の歴史をなぞることで、 この結論を明確にしたい。 ●嘘だらけの西晋・東晋史 〈恵帝毒殺犯の嘘〉 〈司馬越、石勒討伐の嘘〉 〈…

刊溝=呉王夫差が作った軍事施設としての運河=

刊溝。 これは運河である。 ●刊溝はどこにあるか。 ●刊溝はいつ作られたか。 ●刊溝を作った呉王夫差の目的 ●越王勾践も邗溝を活用する。 ●呉楚七国の乱で前漢の呉王劉濞が邗溝を活用。 ●後漢末から三国時代の刊溝 孫権も使う。 ●西晋時代の刊溝は平和利用。 …

東晋北伐② 庾亮の北伐計画、実行できず

●庾亮は北伐を実行して名誉挽回を図りたい。 ●北伐をしたい庾亮、石勒死後の絶好のチャンスを逃す。 ●庾亮いよいよ北伐かという時に石虎に叩かれる。 北伐を敢行した祖逖が失意のうちに死去。 その後東晋は王敦の乱、蘇峻の乱と内乱が続く。 いずれも、軍功…

東晋の北伐① 遅々として進まない中、祖逖が自力で敢行

パッとしない東晋の歴史。 その中で唯一輝かしさをもたらすのが、 桓温、そして北伐である。 しかし、東晋の北伐は桓温に至るまでにも実はある。 これは東晋の歴史がパッとしないことにも繋がるのだが、 後世力を持った者たちがこういった 事績を隠してしま…

冉閔、理由ある暴走

349年病で焦り、 最晩年に石虎は皇帝につく。 しかし数か月で同年石虎は崩御する。 ●石世←石遵、石遵←石鑑、石鑑←石閔がそれぞれ殺害。 ●漢族を裏切った石閔、今度は後趙石氏に裏切られる。 ●石閔、冉閔へと改名、魏を建国。そして異民族の大量虐殺。 ●冉閔…

石虎の治世=慕容皝、庾氏三兄弟との戦い=

333年の石勒の死後、 4年かけて石虎は石勒を継承した。 ●時間をかけて石勒を継承した石虎、外征へ出る。 ●石虎、慕容皝と仲違い ●東晋庾亮に北伐の動きあり、機先を制す。 ●外征は上手くいかなかった石虎時代。その代わり平穏であった。 荒々しい猛将のイメ…

石虎、王莽型の皇位継承で、石勒を継ぐ。

石勒の晩年、力を抑えられた石虎。 石勒の死後、すぐに自身が石勒を後継すべく動く。 ●魏王・丞相・九錫の石虎が禅譲を受けないその意味: ●曹丕型ではなく、王莽型の禅譲を企図する石虎: ●「異民族は皇帝になれない」説 ●周公旦の「輔弼」伝説 333年8月後…

五胡十六国時代前半の年表〈西晋崩壊以後、383年淝水の戦いまで〉

五胡十六国時代は、 383年の淝水の戦いの前後で時代が分かれる。 華北も江南東晋も、 淝水の戦いへとどう向かっていくのかという視点で、 見ていくとわかりやすい。 中華全体の視点から年表で辿りたい。 〈300年〜329年 西晋以後の情勢〉 〈329年〜347年 華…

桓温死に臨み、末弟桓沖に後を託す理由。

桓温はその死にあたり、 実の子ではなく、 年齢の近い弟でもなく、 末弟の桓沖に後を継がせた。 ●一歳の時から桓温が面倒を見てきた弟・桓沖 ●なぜ桓沖が譙国桓氏の後継者か。 ●譙国桓氏のソフトランディングを桓温に任された桓沖 ●桓沖は桓温死後の最高権力…

桓温が老年の会稽王司馬昱を皇帝にする理由

●最高権力者が傀儡を目的にして、51歳の皇帝を擁立することはない。 ●司馬昱を皇帝に擁立した桓温の目的は北伐を遂行だ。 ・司馬氏宗族のトップ、司馬晞の排除。 ・桓温への反発から反北伐派へ転向した、庾希 ●皇帝司馬昱の早すぎる死、落胆した桓温も後を追…

陰陽五行説② 王莽以後の王朝の五行は?

王莽より前は相克。 王莽以後は相生。 明清で相克、その後相生。 ●後漢光武帝は、王莽の陰陽五行説の改変を受け入れる。 ●後漢より後、元までは相生説。 ●曹丕が確立した相生=禅譲スタイル。 ●明は元を打ち倒す。相生ではない。 ●清は相克、相生いずれでも…

陰陽五行説① 中華王朝、それぞれの色は何か?

王莽より前までは相克である。 戦国時代の末期に成立した、 「呂氏春秋」において、 王朝の変遷を、五行の相克で説明をした。 ●陰陽五行説の順番は二つある。 ・相克説 ・相生説 ・相克⇄相生が変わる時 ●前漢は、時代の変化により水徳、土徳、火徳の三つを称…

桓温の時代 345年〜373年

桓温を引き立てたのは、 庾亮である。 ●桓温の出世 庾亮の思惑 ●庾亮が決めた桓温への公主降嫁。 ●絶望的な状況だった東晋と庾亮 ●蘇峻の乱以後の沈静化した時代から、桓温の時代へ。 ●桓温の功績を時系列に語る。 ・桓温、荊州は西府軍の掌握。 ・桓温、蜀…

桓温は意図的に父の仇討ちで名を挙げる。

345年に桓温が西府軍を掌握してから、 桓温が死ぬ373年までは、桓温の時代である。 ●東晋の救世主、桓温。 ●桓温の出自 ●桓温が名を挙げた、父の仇討ち ●蘇峻の乱で死んだ父桓彝 世に出るきっかけは、父の仇討ちである。 ●東晋の救世主、桓温。 桓温は東晋の…

「作られたヒーロー」桓温の登場=各勢力の実力者が世を去り、桓温にお鉢が回ってくる。=

桓温の登場は345年である。それまでに、 各勢力の実力者が死んだことで、桓温にお鉢が回ってきた。 ●次々と各領袖が世を去って行く。 ●334年、西府軍の祖陶侃の死。 ●庾亮の北伐計画、未然に石虎に潰される。 ●王導、郗鑒は339年、庾亮は340年に死去。 ●桓温…

東晋 庾亮の時代 329年から345年まで

庾亮は、329年に東晋を沈静化させた。 各勢力のバランスオブパワーが確立したのである。 ●東晋大乱を生き残った5つの勢力 ●北来貴族の庾亮は、皇帝や瑯琊王氏に好かれる。 ●法家思想に長じる庾亮は明帝からの高い信用を得る。 ●幼帝の下、庾亮自身が法家政治…

蘇峻の乱 327年-329年 〜軍閥の台頭は亡国の兆し〜

●軍閥の台頭は、王朝を滅ぼすもの。 ・後漢の例 ・西晋の例 ・唐も清も中華民国も同じ。 ●軍閥を抑制したい外戚庾亮 ●軍閥側蘇峻・祖約らの視点 ●執政庾亮と軍閥蘇峻の対立。 ・蘇峻の怒り。 ・庾亮の正論。 ●蘇峻の乱勃発。 327年から329年まで続く、 蘇峻…

東晋初期の内紛。蘇峻の乱が終わる329年までの概略

313年豫州まで来ていた。 石勒の撤退により、 司馬睿政権は難を逃れた。 これにより事実上の東晋が成立する。 ●東晋、5つの勢力 ●東晋建国の元勲、王敦の乱 ●外戚庾亮の専権 ●蘇峻の乱。叩き上げの蘇峻に配慮しない庾亮が悪い。 ●329年に東晋内部がようやく…

王敦の乱は、王導が裏切ったから失敗した。

●第一次王敦の乱 王敦が仕掛ける。 ●王敦は大将軍兼丞相、王導も司空から司徒へ昇進。 ●王敦病気になる。第二次王敦の乱 明帝派が仕掛ける。 ●王敦が潰されても、王導はまた昇進する。 王敦は、 王敦が軍権、 王導が朝廷をそれぞれ牛耳ることで東晋は確立し…