歴史マニアのための魏晋南北朝史~歴史の真髄〜

三国時代から西晋、八王の乱、永嘉の乱、そして東晋と五胡の時代へ。

2018-04-12から1日間の記事一覧

謝安を6つの視点から批判する③〜陪臣の意味〜

謝安批判の三つ目の視点。 それははじめての任官が 陪臣である点である。 ●③の反論~陪臣~ ・開府の副官のポジションについて ・諸葛亮ー費禕・楊儀の場合。 ・司馬師ー賈充の場合 ・曹操と夏侯惇は同僚である。 ●そこまですごくない謝安。 陪臣は日本の呼…