歴史マニアのための魏晋南北朝史~歴史の真髄〜

三国時代から西晋、八王の乱、永嘉の乱、そして東晋と五胡の時代へ。

八王の乱

拓跋猗盧の隆盛と西晋の瓦解。~北魏の歴史~

307年鮮卑拓跋氏の大人を拓跋猗盧(たくばついろ)が継ぐ。 八王の乱が終わったのが306年末。その後すぐに拓跋猗盧が立つ。 ●八王の乱終結と鮮卑拓跋氏の再結集という拓跋猗盧にとっての好条件。 ●拓跋猗盧と劉琨の同盟 ● 拓跋猗盧と鮮卑慕容部・慕容皝の同盟…

八王の乱の勝者司馬越に肩入れした鮮卑拓跋氏。~北魏の歴史~

●八王の乱は鮮卑拓跋氏の地位を確立した契機。 ●八王の乱の勝者司馬越側についた鮮卑拓跋氏 ・劉淵に対抗するために司馬騰の要請を受けて鮮卑拓跋氏は動く。 ●鮮卑拓跋氏は拓跋猗盧が再統一する。 ●八王の乱は鮮卑拓跋氏の地位を確立した契機。 258年に鮮卑…

拓跋禄官の代に294年鮮卑拓跋氏三分割。~北魏の歴史~

拓跋禄官。 鮮卑拓跋氏の事実上の二代目である。 ●拓跋力微の死後拓跋禄官が大人になるまで内乱。 ●拓跋禄官は鮮卑拓跋氏を三分割して内乱を落ち着かせる。 ●鮮卑拓跋氏の長、拓跋弗の葬儀を弔問する八王の使者 ●拓跋禄官は宇文氏と婚姻。 ●拓跋力微の死後拓…

幽州の歴史③ 幽州の馬が八王の乱の行く末を左右する。

●幽州の王浚、八王の乱の行く末を左右する ●八王の乱は賈后派と反賈后派=亡き皇太子派の争い ●「并州」と「幽州」が争う八王の乱 ●中華の権力争いに大きな影響を与え始める幽州 ●王浚没後、幽州と遼東が分断。 いよいよ幽州が中華の歴史に 直接関わるシチュ…

①石勒の中華戦記 305年〜310年 河北転戦

まずは司馬穎麾下公師藩のもとで、 八王の乱を戦った異民族の一人が石勒である。 これが始まり。 ●310年までは、黄河北岸の河北エリアで転戦する。 ●石勒の305年から310年の動き。 石勒こそが漢人中華を滅ぼした張本人。 奴隷から皇帝までのし上がった中華史…

八王の乱の対立構図、賈后対皇太子は五胡十六国時代の終焉まで続く。

匈奴漢劉淵は司馬穎・司馬顒の系譜を継ぐ。 司馬越はこれらに対抗する。 この対立構図は八王の乱の初期からずっと変わっていない。 それは西晋末、五胡十六国時代にかけてずっと不変の構図となる。 ●賈后派と司馬穎派: ●北魏の華北統一は新しい時代の到来を…

劉淵 領土拡大の経緯 307年までは反司馬越 308年から反西晋活動が始まる。

●八王の乱から司馬越死去までの流れ: ●304年8月に劉淵が司馬穎軍から離脱した後の動き: ●劉淵の軍事行動 307年までは西晋の枠組みの中で反司馬越 ●劉淵は司馬越が西晋の完全掌握した後に西晋から離反する。 劉淵の漢王としての活動と、漢皇帝としての活動…

劉淵自立の背景=劉淵の天命論=それに対する司馬越の当て付けが劉琨

●天から選ばれた子という天子伝説に則って、劉淵は自立した。 ●祀る皇帝は下記の三祖五宗 劉淵の自立理由は二点だ。 ①匈奴本国の掌握の為である。 ②匈奴の不満を抑える為である。 ●とはいえ304年に自立した劉淵は3年大して動かない。 ●匈奴だけではなく、こ…

劉淵独立の真実②=劉淵の司馬穎軍からの離脱エピソードの嘘

++劉淵に匈奴独立の動機がない++ ++後漢末期の匈奴単于羌渠と同様に殺されかねない状況の劉淵++ 劉淵は親西晋、羌渠と同じ、親中華 ++やむなく自立する劉淵、促したのは左賢王劉宣の現実的な判断++ ++劉淵に匈奴独立の動機がない++ 劉淵のこ…

劉淵独立の真実①=親西晋の劉淵は自分から率先して漢として独立したのではない。

251年生まれの劉淵は、304年、すなわち劉淵53歳の時に、ずっと中華の中心中原にいたのを、鄙びた田舎の離石に移動して自立する。最晩年のこの大きな変動は個人の人生として幸せだろうか。そこまでして、部族を引き連れなければいけないものなのか。 ++劉宣…

懐帝と司馬越、対立の構図は八王の乱を継承。懐帝の暴挙が曹魏末と同様の状況を引き起こす。

八王の乱の対立図式は、最後に司馬越対懐帝に終着する。 西晋皇帝権の完全失墜 見捨てられた皇帝、懐帝 八王の乱の対立図式は、最後に司馬越対懐帝に終着する。 懐帝は、 司馬顒、司馬穎に連なる。 彼ら司馬顒、司馬穎は司馬倫、恵帝皇太子司馬遹に連なる。 …

「鄴」の地政学的位置づけ

鄴という都市は、南北朝の終わりまで華北の争乱に常に絡む。 隋唐以降、中華帝国は世界帝国となり、鄴は内地としての意味合いが強くなるが、それまでは、軍事的な要地であった。 ここを確保したものが華北を掌握すると言える。趙武霊王、曹操、石勒、前燕慕…

八王の乱は、五連発の政変で説明しきれる。

八王の乱は五連発の政変を指す。

司馬越 vs 懐帝 西晋の最終対立

懐帝の背信行為が最高権力者司馬越を 激怒させる。それは、司馬越自身の甘さと、懐帝の切羽詰まった事情が引き起こしたものだった。

産業革命以前は人間の数が権力の源泉。~八王の乱は人の数が物を言う~

産業革命以前は人の数がイコール権力である。八王の乱はそれが如実に表れた。 戦略も何もあったもんじゃない。

八王の乱が終焉した307年初頭 西晋各地の情勢について~四方を固める司馬越四兄弟、司馬睿の東晋独立の契機、懐帝の謀略~

307年初頭における、 司馬越兄弟を中心とした 西晋懐帝勢力と、その敵対勢力について。

司馬穎の不在が公師藩・汲桑の乱を生み、石勒という英雄を生み出す。

司馬穎の政治生命は、 301年4月の司馬倫の対賈后クーデターから頭角を現し、 304年8月鄴陥落、304年12月に皇太弟を廃されて、 事実上政治生命を終えてしまった。 司馬穎の命は、306年10月に終わる。 劉淵の雄飛 石勒の登場 石勒の生い立ち 公師藩の挙兵 汲桑…

八王の乱 簡潔に概説する。「漢民族文明の問題点が全て表出した乱」

八王の乱は難しくはない。 漢民族文明の問題点が全て表出した乱、それが八王の乱である。 表面的な言葉に囚われず、 一つ一つの意味と事象を考えていくと 非常に興味深いものになる。

八王の乱延長戦 司馬越 vs 懐帝司馬熾

恵帝がいない今、争乱は泥沼へ。 懐帝が泥沼の八王の乱延長戦を引き起こした。 司馬越は恵帝がいて乱が収まればそれでよかったのだ。

恵帝毒殺犯 懐帝司馬熾 〜動機の解説③〜 そして八王の乱は延長戦へ

恵帝暗殺の司馬熾の動機とは? 司馬熾は身の危険を感じずにはいられないほど危うい立場であった。

恵帝毒殺の真犯人は後の懐帝司馬熾~司馬熾の出自から辿る②~

ピックアップされない事実。 後の懐帝、司馬熾は相当に出自が低い。 忘れ去られた王、司馬熾が司馬顒によって政争の道具とされた結果、身に危険が及ぶ。

恵帝毒殺の犯人は後の懐帝司馬熾~①経緯から背景を知る~

恵帝毒殺の真犯人は司馬熾、後の懐帝である。

司馬穎の敗退が、匈奴劉淵・王浚の自立を促進。

西晋の内乱と異民族の自立。 王浚の自立。 異民族は匈奴、烏桓、鮮卑の登場。

304年は西晋に命運を決める年=西晋の終わりと異民族の台頭=

304年が西晋の命運を決める。 西晋の事実上の崩壊、 一方で匈奴を始めとした異民族の 分離活動が活発化する。

西晋恵帝を殺したのは司馬越ではない。

306年11月西晋恵帝が麦餅を食べてあたり死亡した。こんなマンガのようなことがあり得るのだろうか。 よく司馬越の仕業と疑われる。 しかし、恵帝が死ぬことで本当にメリットがあった人物がほかにいる。

304年8月司馬穎、鄴の失陥、305年7月司馬越挙兵

司馬越の逃亡、司馬穎の逃亡。 305年7月の司馬越の挙兵が 八王の乱を終わらせる。 【司馬越逃亡、司馬穎逃亡】 【鄴の掠奪】 【司馬穎の失脚】 【司馬越挙兵】 【司馬顒の反抗】 【司馬越、政権掌握】

304年7月蕩陰の戦い~恵帝親征の意味とその後~

蕩陰の戦いが西晋の運命を決める。 恵帝の親征の意味と、 司馬越の戦下手。

304年7月蕩陰の戦いが、戦乱を中華全土へと拡大する。恵帝・司馬越 vs 司馬穎・司馬顒

運命の蕩陰の戦い。 恵帝・司馬越 VS 司馬穎・司馬顒。 皇帝と世継ぎの戦い。 歴史上稀有な戦いである。 奇襲によりあっけなく終わる。

八王の乱が終息した307年 生き残った王は?

生き残ったのは、 1.司馬越 2.司馬睿 3.司馬澹 東晋元帝司馬睿は司馬越勢力である。

司馬穎・司馬遹 出自が悪いと何が悪いのか=畠山義就、豊臣秀吉からたぐる=

出自の悪さは歴史上頻繁に差別される。 畠山義就、豊臣秀吉から、 出自が悪いという差別は何を意味するのか、を考えたい。