歴史マニアのための魏晋南北朝史~歴史の真髄〜

三国時代から西晋、八王の乱、永嘉の乱、そして東晋と五胡の時代へ。

慕容垂

拓跋珪、セオリー通りの参合陂の戦い、大勝利

●拓跋珪は遊牧民の典型的な戦い方をする。 ●拓跋珪は基本に忠実かつ兵法を大胆に応用する名将。 ●実は慕容垂も遊牧民の正攻法で桓温を撃退している。 ●坂の上に陣取る拓跋珪ら北魏騎兵軍、これもセオリー。 ●遠征で疲れる後燕軍、慕容垂の病状も気になり戦い…

拓跋珪が大幅に支配地を伸ばすのは、慕容垂と手切れになったから。

北魏の事実上の開祖、拓跋珪。 非常に戦いに長けた指導者であり、 一代で河北の覇者となった。 ●395年参合陂の戦いを引き起こす、慕容垂・拓跋珪の断交。 ●拓跋珪は慕容垂の宿敵西燕と手を組む。 ●394年本来の前燕正統政権西燕を慕容垂が滅ぼす。 ●慕容垂、…

傲慢な慕容垂と手切れとなり窮地に陥る拓跋珪

●慕容垂との手切れ。 ●慕容垂の面子。 ●対外情勢から見た背景 ●慕容垂「鮮卑慕容部・燕の正統後継者である俺にひざまづけ」 ●参考図書: 破竹の勢いで北方に勢力権を作る拓跋珪。 391年の時点で弱冠20歳。 前秦を事実上破綻させ、河北の覇者とならんとする慕…

参合陂の場所について。

※内モンゴル涼城県の東北、つまり今の岱海周辺という 説もあるが、ここでは陽高県の説をとっている。 岱海近辺であれば、フフホトとウランチャブの間ということになる。 参合陂の場所について。 結論、これは≒白登山である。 ●参合陂はどこなのか。 ●戦略的…

395年と404年。五胡十六国時代末期、北と南はそれぞれ異なるタイミングで時代が代わる。

395年と404年。 五胡十六国時代末期、 北と南はそれぞれ異なるタイミングで時代が代わる。 ●華北異民族は群雄割拠、争乱の歴史。 ●華南東晋の漢民族は権力闘争の歴史。 ●大陸中国という現代の枠組みで考えない。 395年は、 華北の異民族抗争に関する天王山、…

慕容垂、運命の395年参合陂の戦い

慕容垂にとっては自身の運命を決めてしまった参合陂の戦い。 一方、北魏にとっては、華北の覇者となるチャンスを掴んだ、 いわば天下分け目の戦いであった。 天下と言っても、華北だけのことではあるが、 江南を異民族が支配したことはこの時点ではなかった…

慕容垂、運命の395年参合陂の戦い前夜。

●五胡十六国時代から南北朝へ移る時代の変わり目 ●華北の時代の境目は395年の参合陂の戦い ●五胡十六国時代から南北朝へ移る時代の変わり目 華北は395年、 華南、つまり東晋は404年で時代が変わる。 それぞれ区切りを付ける事件がある。 395年は参合陂(さん…

前燕と前秦を滅亡させた慕容垂、北魏に足をすくわれる。

●慕容垂の自立から死去までの概説 ●苻堅後の華北。 ●394年時点で華北は慕容垂と姚萇の子姚興が勝ち残っていた。 ●参合陂の戦いに至るまでの慕容垂 ●慕容垂が狙う、代の北魏とは。 ●慕容垂が北魏拓跋珪に足をすくわれるまで。 384年淝水の戦い以後439年北魏に…

西燕が本来の鮮卑慕容部の正統政権。鮮卑慕容部お家芸の内輪揉めはここにも。

●苻堅後の華北。 ●西燕は本来、前燕の後継政権。 ●西燕は建国当初から親慕容垂か、反慕容垂かで内紛。 ●慕容永が内紛を終息させる。 ●西燕における親慕容垂か、反慕容垂かで対立する理由。 ●慕容垂と慕容儁の不仲について ●野心家慕容永の登場。 ●慕容永、慕…

前秦だけではなく鮮卑慕容部も後燕と西燕に分裂した。

●慕容垂と慕容泓の自立。 ●鮮卑慕容部が後燕、西燕に分裂したと言い切る理由 ①元号 ②慕容垂「燕国の王」の意味 ●鮮卑慕容部が後燕と西燕に分裂した背景。 ●異民族の流儀、弱肉強食を地で行く慕容垂 ●慕容垂に河北帰還を妨げられた慕容儁の子供たち ●慕容垂は…

淝水の戦い大敗後、前秦分裂。 きっかけは慕容垂。

●淝水の戦いから北魏華北統一まで56年 ●苻堅、淝水の戦いで大敗した後すぐに起きたこと ●前秦外様最大勢力の鮮卑慕容部と羌族姚氏 ●慕容垂、慕容泓、姚萇の独立で、前秦苻堅は崩壊する。 ●慕容垂の自立 ●慕容儁の子で慕容暐の弟慕容泓の自立。 ●姚萇の自立 ●…

東晋北伐⑱桓温、満を持しての369年第三次北伐

●桓温の強み ●枋頭は古来より黄河の重要な渡河地点 ●桓温、四度目の電撃戦 ●桓温、寡兵で勝つためにハッタリをかます。 ●桓温奇襲の中、ただ一人冷静な前燕の宗族慕容垂 ●桓温の強み 桓温の強みは、 とにもかくにも思いっきりの良さなのである。 悪い言い方…

慕容垂は悪人である。

●慕容垂の罪はなぜ許されるのか。 ●異民族の苻堅が東晋謝安という漢民族に負けたから。 ●謝安を持ち上げる漢民族優越主義 ●人として慕容垂の裏切りを許せますか。 ●鮮卑慕容部裏切りの歴史は自らを亡国へ導く。 ●異民族気質の慕容垂は自己中心的である。 ●慕…

前燕皇帝慕容儁の成功要因④慕容評の従順さ

後世の評価が低い慕容評。 これは事実ではない。 当時の歴史は、 東晋中心に描かれ、そしてその東晋に立ち向かった 苻堅を異民族の中ではピックアップする。 ●慕容恪をサポートする慕容評 ●慕容恪・慕容評ラインこそが前燕の成功要因。 ●慕容評単独では前燕…