歴史マニアのための魏晋南北朝史~歴史の真髄〜中国史・日本史全般拡大中

これまでは三国時代から西晋。今は八王の乱、永嘉の乱。八王の乱、永嘉の乱は最高に面白い。

異民族

劉淵・石勒 事績が分かりにくい理由

劉淵、石勒に関する書物というのは非常に少ない。 特に石勒は少ない。中華史を大きく変えた人物なのに、注目されないのはなぜか。 ●魏晋南北朝時代は中華圏と異民族圏の壮大な戦いの時代 ●中華と匈奴の合いの子、劉淵の誕生: ●劉淵の志を継ぐ石勒、胡漢融合…

石勒、312年葛陂の悟り=これこそが劉聡、劉曜と袂を分つきっかけである=

石勒が異民族から英雄に進化したのは、葛陂の戦いである。 許昌南西方面の豫州汝陰郡葛陂において、寿春を目の前にして立ち往生したときである。 石勒は司馬睿軍が駐屯する寿春を前に立ち往生。 引用:中国歴史地図集 ●石勒、葛陂にて悟る。 葛陂にたどり着…

石勒はソグド人か②=石勒は安禄山と同じソグド人、祖先は大月氏=

石勒の先進性は、その出自に由来する。 異民族どころではない、歴史の孤児石勒。 その由来を辿る。

石勒はソグド人か①=「石勒」という名前はトルコの当て字=

石勒の出自に関して記述をしたい。 ●石勒の出身民族、羯とは。 ●なぜ石勒は「石勒」という名前になったのか。 ●なぜ、わかりきった名前にしたのか。「石勒」≠匈奴。 石勒は、羌渠部から派生した羯族の一人と言われている。 これはあてにならないと私は考えて…

差別された側が、差別した側を打倒していくのが中華の歴史である。=漢、唐、元が概念を変える=

漢人の異民族に対する差別は、近代の白人の、有色人種に対する考えと同じである。 中華の歴史の中で、差別する差別される側というのは、固定していない。 600年から800年のタームで、変化していく。 差別された側が、差別した側を打倒していくのが中華の歴史…

長江は文化圏を分ける。黄河は幽州を分離=石勒312年江南撤退、襄国本拠設置から辿る=

●長江は文化圏を分ける。 ●石勒は襄国に本拠を定める。理由その1 王浚への対抗 ●石勒は襄国に本拠を定める。理由その2 石勒の強みを最も活かせる土地 石勒の邁進にストップをかけた長江。 これは曹操も同じであった。 長江は移動の弊害という天嶮の意味だけ…

石勒の転機は312年に寿春手前で足止めを食い、建業に攻め込めなかったことである。

石勒の経歴を端的に記す。 中原から長江北岸までを散々荒らし回ったが、 華北に帰り、拠点を設け、覇道の道へと進む。 その結果、華北東半分の覇者となり、劉曜との洛陽最終決戦に望み、勝利。 晴れて皇帝となり、中原の覇者となる。 こうした輝かしい異民族…

都市に関心がない異民族=石勒は江南で敗れて襄国に帰るまで都市を占領統治しない。

石勒をはじめ、異民族というのは都市を統治しない。 都市の活用の仕方がわからないのである。 ●ただ、中華内地を荒らすだけの石勒 ●北方異民族にとって都市自体に価値はなかった。 だから、とにかく略奪するのみ。 おかげで石勒は三度も鄴を陥落させることに…

匈奴の冒頓単于に始まる「人さらい」=異民族が「漢人」を欲しがる理由=

西晋末期から五胡十六国時代にかけて、異民族にとって、 人間は家畜や穀物とほぼ同列の資源、物資として扱われていることを歴史上から私は説明している。 異民族が漢文明に染まりながらも、異民族の風習が中国を席巻するのが、この時代である。 石勒はとにか…

石勒というカタストロフィ〜本来石勒は英雄だった〜

石勒とは何者か。 歴史に埋もれた英雄である。 ●石勒の実績は四つの史上初と、中華統一王朝を滅ぼすという歴史的快挙 ●中華史上の快挙である石勒が異民族である悲劇 この人物は、中華史上、最大の成り上がりを成し遂げた人物である。歴史の流れから考えると…

八王の乱の対立構図、賈后対皇太子は五胡十六国時代の終焉まで続く。

匈奴漢劉淵は司馬穎・司馬顒の系譜を継ぐ。 司馬越はこれらに対抗する。 この対立構図は八王の乱の初期からずっと変わっていない。 それは西晋末、五胡十六国時代にかけてずっと不変の構図となる。 ●賈后派と司馬穎派: ●北魏の華北統一は新しい時代の到来を…

晋書の役割=劉淵が皇帝を名乗った経緯から探る=

●晋書成立の背景 ●晋書の役割 ●唐が受け継いだ北朝の発端 ●劉淵が漢皇帝と同格でかつ漢皇帝を継承するとした時期 現代中国は政治的な国とよく言われる。 それは中国史において、政治的な対処が明確にしているからではないかと 私は考える。 王朝が全く変わる…

劉淵の独立は二回=王であること、皇帝であることは意味が異なる=

劉淵の独立は二度。その意味の違い。 劉淵、自立の経緯 304年の劉淵独立が漢王にとどまる、その意味 劉淵、二度目の独立。308年10月皇帝になる。 このタイミングでなぜ劉淵は皇帝となったか。 劉淵の独立は二度。その意味の違い。 劉淵の自立は、二回ある。 …

劉淵の歴史認識=匈奴漢が祀る三祖五宗とは=

三祖五宗 太祖とは、世祖とは、烈祖とは 劉淵は高祖光文帝。この意味。 劉淵の打ち立てた王朝、匈奴漢の宗廟で祀る皇帝は下記である。 三祖五宗 祀る皇帝は下記である。三祖五宗という。 【三祖】太祖高皇帝劉邦世祖光武帝劉秀烈祖昭烈帝劉備【五宗】太宗文…

劉淵自立の背景=劉淵の天命論=それに対する司馬越の当て付けが劉琨

●天から選ばれた子という天子伝説に則って、劉淵は自立した。 ●祀る皇帝は下記の三祖五宗 劉淵の自立理由は二点だ。 ①匈奴本国の掌握の為である。 ②匈奴の不満を抑える為である。 ●とはいえ304年に自立した劉淵は3年大して動かない。 ●匈奴だけではなく、こ…

劉淵の父とされる「劉豹」、その正体=④劉淵は劉豹の子ではない。では誰の子か。=

●用済みになった呼廚泉 ●劉豹は羌渠の「兄弟」、これが正解である。 ●用済みになった呼廚泉 さて劉豹は於夫羅の子ではない。 なぜ劉豹は於夫羅の子にされたのか。 それは、於夫羅が単于として中華内地に留め置かれ、 漢に屈服した人物だからだ。 195年に早死…

匈奴の単于が、漢人名の劉氏を名乗ること、その奇怪さ。 =③劉淵は劉豹の子ではない。では誰の子か。=

●そもそも劉氏と誰が初めに名乗ったのか。 ●劉豹は於夫羅の子ではない。 匈奴の単于が、漢人名の劉氏を名乗ること、その奇怪さ。 これに注目する。 ●そもそも劉氏と誰が初めに名乗ったのか。 劉淵以降の系譜はみな劉氏だが、 その前の世代だと、劉氏を名乗っ…

劉豹Aと劉豹Bの存在=②劉淵は劉豹の子ではない。では誰の子か。=

●劉豹の事績 ●何故劉豹は二人いて、劉淵は劉豹の子であったのか。 ●劉豹Bが抹消されたのは何故か。 劉豹と劉宣両名の系図を疑ってかかる。 まずは劉豹から。 ●劉豹の事績 劉豹の話に戻るが、 事績は前半と後半の二つに分かれる。 前半部分は後漢末期の話であ…

①劉淵は劉豹の子ではない。では誰の子か。=劉豹は於夫羅の子ではなく、劉宣は羌渠の子ではない。=

劉淵は劉豹の子ではない。 また匈奴本国で、左賢王として匈奴独立を推進した 大叔父劉宣は、於夫羅・呼廚泉の兄弟でもない。これは前項までの「劉淵出自の謎」で説明してきた。 ・まず劉淵は劉豹の子ではない。 ・劉宣は於夫羅・呼廚泉の兄弟ではない。すな…

劉淵独立の真実②=劉淵の司馬穎軍からの離脱エピソードの嘘

++劉淵に匈奴独立の動機がない++ ++後漢末期の匈奴単于羌渠と同様に殺されかねない状況の劉淵++ 劉淵は親西晋、羌渠と同じ、親中華 ++やむなく自立する劉淵、促したのは左賢王劉宣の現実的な判断++ ++劉淵に匈奴独立の動機がない++ 劉淵のこ…

⑤劉淵の父は誰なのか? 劉淵出自の謎~劉淵の本当の父~

●劉淵の本当の父 ●曹操が作った単于=人質、左賢王=エージェントモデルからの発展「単于自身が漢化する」 ●匈奴漢が中華風王朝であるのは劉淵存命まで。 これまで、曹魏、西晋の匈奴政策、 それに紐づく匈奴単于家の不透明な経歴、年齢について述べてきた。…

④劉淵の父は誰なのか? 劉淵出自の謎~ 匈奴の単于が劉氏となるその覚悟はどこから来るのか ~

●劉豹にある謎。何故劉氏なのか。何故死没年が279年なのか。 ●劉氏庇護と匈奴単于家系譜の改竄 ●西晋にとって劉淵の存在意義 ●劉豹にある謎。何故劉氏なのか。何故死没年が279年なのか。 劉宣もそうだが、 私は匈奴という民族意識があるのであれば、 匈奴か…

③匈奴漢の祖劉淵の父は誰なのか? 劉淵出自の謎~於夫羅の弟、息子は疑惑ばかり~

年齢詐称は決して現代だけのものではない。 歴史上にもおかしな年齢というのは存在する。そこからわかる歴史の実態というのもある。今回は匈奴単于の秘密を年齢から暴く。

②匈奴漢の祖劉淵の父は誰なのか? 劉淵出自の謎~曹操が始めた匈奴単于人質策。左賢王は曹操の代理人~

「劉淵の父は誰なのか? 劉淵出自の謎①」において、 劉淵の父劉豹と祖父於夫羅の親子関係に大きな疑惑があることを説明した。 ●於夫羅と呼廚泉の立場 ●曹操の匈奴統治政策。馬は覇業のキーファクター ここでは、まず劉豹の先々代の「単于」で「父」とされる…

①匈奴漢の祖劉淵の父は誰なのか? 劉淵出自の謎~劉淵の父と祖父の関係に疑惑がある~

劉淵の父は 本当に単于の家系なのか。 ●劉豹はどういった経緯で単于直系となったのか。 ●劉豹が単于に連なるには、父との年齢差が非常に問題 劉淵の父、劉豹という人物にフォーカスして考えたい。 劉淵の父劉豹は、匈奴単于の系譜から判断すると、 甥の匈奴…

鄴の東を下にして地図を見る~覇者の地・鄴~

鄴は曹操が本拠地を置いた時から、 覇者の地としての歴史が始まるのである。 洛陽⇔幽州(北京)間の回廊、その真ん中に鄴はある。 (引用元:地図で訪ねる歴史の舞台 帝国書院 ※武藤加筆) ここ鄴を抑えることが華北の覇者としての条件となる。 覇者の地とし…

「鄴」エリアの重要性は商王朝から~鄴の歴史①~

鄴エリアの重要性は商王朝が本拠を置いたことから始まる。 ここは、中原と山西高原の結節点であった。商王朝は、山西高原の出身である。

中華史において戦争に強い人物は異民族

三国志で言うと。呂布 姜維 董卓 馬超。 私は何かしら異民族の血が流れていると考える。 騎兵運用能力が高く、 自分自身も機動力が高い。 このような人物というのは、 中華にはいないのではないか。 春秋晋の士会は、 どうだったかと思ったが、 そもそもこの…

八王の乱 簡潔に概説する。「漢民族文明の問題点が全て表出した乱」

八王の乱は難しくはない。 漢民族文明の問題点が全て表出した乱、それが八王の乱である。 表面的な言葉に囚われず、 一つ一つの意味と事象を考えていくと 非常に興味深いものになる。

司馬穎の敗退が、匈奴劉淵・王浚の自立を促進。

西晋の内乱と異民族の自立。 王浚の自立。 異民族は匈奴、烏桓、鮮卑の登場。

304年は西晋に命運を決める年=西晋の終わりと異民族の台頭=

304年が西晋の命運を決める。 西晋の事実上の崩壊、 一方で匈奴を始めとした異民族の 分離活動が活発化する。

鮮卑と烏桓~三国志から西晋時代まで~

匈奴が勢力を保っていた間は、 鮮卑・烏桓共々匈奴に服属していた。 しかし、匈奴の南北分裂など、 で独自の動きが出てきた。 そんな鮮卑・烏桓を 後漢は傭兵として活用。 匈奴の征討作戦に利用する。 鮮卑・烏桓はまさに 反復常ない状況で 今日は後漢に従え…

鮮卑は農耕・遊牧の二刀流

鮮卑は遊牧も農耕もできる。 農耕文明の高い文化を受容できるし、遊牧民の高い軍事力も身に付けることができる。 鮮卑は大興安嶺山脈以東を原住地とする。 匈奴に滅ぼされた東胡・烏桓と同じ。 後の女直族、満州族と同じ領域が出身地というのは興味深い。 関…

南匈奴の没落と鮮卑檀石槐の勃興~後漢後期~

南匈奴が後漢に服属したことにより、 陰山山脈から北の脅威がなくなった。 敵対する遊牧民のまとまった勢力がなくなったのである。 遊牧民は当然定住しないので、だたっぴろい放牧のエリアがあるだけだが、 ここが空白になった。 この空白を埋めたのが、 鮮…

呉王夫差も越王勾践も異民族。楚も異民族 姓は「熊」

【春秋時代:各諸侯の爵位】 公・・・宋・虞・虢 侯・・・魯・斉・晋・陳・衛・蔡など 伯・・・鄭・秦・燕・曹など 子・・・楚・呉・越など 男・・・許など ・楚は異民族。 あまり明確ではないが楚は異民族である。 姓は「熊」であり、獣であるし、 子爵であ…

太公望呂尚は異民族なのに「異民族」ではない。

【春秋時代:各諸侯の爵位】 公・・・宋・虞・虢 侯・・・魯・斉・晋・陳・衛・蔡など 伯・・・鄭・秦・燕・曹など 子・・・楚・呉・越など 男・・・許など ・斉を建国した太公望は異民族なのに異民族ではない。 子爵は異民族に与える爵位である。(「周礼」…

後漢が匈奴を呑み込んだ。

北匈奴の滅亡後、ぽっかり空いた北方草原地帯には 東方から鮮卑や烏桓が入ってくる。 前漢武帝後に、内乱で徐々に弱体化した匈奴。 そのすきをついて、 大興安嶺山脈東側を原住地とした、 鮮卑や烏桓が勢力を伸ばす。 はじめは後漢の傭兵として、 匈奴と戦い…

匈奴の覇者冒頓単于と漢の覇者前漢武帝

紀元前200年の白登山の戦い(代)に始まる、 匈奴と漢の因縁。 命からがら撤退した高祖劉邦は、 匈奴と和睦をする。 兄弟の誓いをし、前漢は弟分となる。 毎年貢納をする。資料では億単位の銭を貢納していたらしい。 また交易を認める。 前漢は匈奴の下風に…

匈奴の習俗

匈奴の習俗について、考えたい。 ※引用元は専ら江上波夫氏著「騎馬民族国家」である。 江上氏の騎馬民族征服王朝説は今では否定されているが、 それ以外の記述を参考にしている。 匈奴をはじめとした異民族研究については、とても面白い。 ・氏族長会議 ・相…

馳道・直道~異民族・匈奴への道~

紀元前200年白登山の戦い。 これは代(今の大同市)で行われた。 漢民族帝国と異民族帝国の初めての大会戦。 劉邦は親征したが、随分とフットワークが軽いなと 感じたのが第一印象だった。 長安(今の西安市)から代まで計ってみると 直線距離で745㎞。 東京…

匈奴冒頓単于の王庭(本拠地)・ウランチャブ市(内モンゴル自治区)

大同市からまっすぐ北に北上すると、陰山山脈に突き当たる。 ここがウランチャブ市だ。大同から100㎞の位置にある。 ここの北の山脈は断崖になっている。山脈を越えるとゴビ砂漠だ。 ここから東に向かうと張家口、ここで大興安嶺にぶつかる。 張家口から南東…

匈奴の冒頓単于はどこにいたのか。

なぜ、代は異民族に狙われるのか。 それは異民族にとっての首都ともいえるエリアから 至近距離にあるからだ。 本当に代はよく出てくる。 葪(幽州。今の北京市周辺)よりも頻出だ。 なぜなのかと思っていたらちょうどほかのことを調べているときに、 この理…

異民族にとっての代(平城・大同市)

紀元前200年白登山の戦いは、 ちょうど統一政権が作られた、 北方遊牧民族と漢民族統一政権の戦い。 これが満州族の清朝が滅びるまで、 常に中国大陸の歴史に大きな影響を及ぼしてきた。 この白登山の戦いはもっとピックアップされていい戦いだ。 しかし、こ…

中国にとっての異民族の定義とは。

漢人にとっての異民族とは、自分たちと習俗の違うものたちのことである。 そもそも漢の劉邦が紀元前200年に 白登山で冒頓単于に敗れてから因縁は始まる。 そもそも異民族とは何か。 牧畜を生業にしていた匈奴と、 農耕民の漢人では明確に分かれていた。 しか…

異民族と漢人~匈奴~

曹操が異民族を中原に移住させたことが、 のちの永嘉の乱の遠因となったとよく言われる。 そもそも調べてみると、 前漢・後漢もそうした移住はあった。 漢人と異民族との国同士での衝突は、 匈奴の冒頓単于に始まる。 北方の遊牧地帯を始めて統一した冒頓単…