歴史マニアのための魏晋南北朝史~歴史の真髄〜

三国時代から西晋、八王の乱、永嘉の乱、そして東晋と五胡の時代へ。

西晋恵帝

東晋の滅び方と西晋の滅び方は同じ。

●皇帝の影が薄い東晋 ●東晋皇帝安帝は知的障害者であった。 ●西晋末と東晋末は同じ構図 東晋の歴史は桓玄簒奪で終わる。 ●皇帝の影が薄い東晋 東晋は、 桓玄が皇位を簒奪したことで、 その息の根を事実上止められた。 この後劉裕により、 復興させられるが、…

八王の乱の対立構図、賈后対皇太子は五胡十六国時代の終焉まで続く。

匈奴漢劉淵は司馬穎・司馬顒の系譜を継ぐ。 司馬越はこれらに対抗する。 この対立構図は八王の乱の初期からずっと変わっていない。 それは西晋末、五胡十六国時代にかけてずっと不変の構図となる。 ●賈后派と司馬穎派: ●北魏の華北統一は新しい時代の到来を…

劉淵独立の真実①=親西晋の劉淵は自分から率先して漢として独立したのではない。

251年生まれの劉淵は、304年、すなわち劉淵53歳の時に、ずっと中華の中心中原にいたのを、鄙びた田舎の離石に移動して自立する。最晩年のこの大きな変動は個人の人生として幸せだろうか。そこまでして、部族を引き連れなければいけないものなのか。 ++劉宣…

八王の乱は、五連発の政変で説明しきれる。

八王の乱は五連発の政変を指す。

恵帝毒殺犯 懐帝司馬熾 〜動機の解説③〜 そして八王の乱は延長戦へ

恵帝暗殺の司馬熾の動機とは? 司馬熾は身の危険を感じずにはいられないほど危うい立場であった。

恵帝毒殺の真犯人は後の懐帝司馬熾~司馬熾の出自から辿る②~

ピックアップされない事実。 後の懐帝、司馬熾は相当に出自が低い。 忘れ去られた王、司馬熾が司馬顒によって政争の道具とされた結果、身に危険が及ぶ。

恵帝毒殺の犯人は後の懐帝司馬熾~①経緯から背景を知る~

恵帝毒殺の真犯人は司馬熾、後の懐帝である。

西晋恵帝を殺したのは司馬越ではない。

306年11月西晋恵帝が麦餅を食べてあたり死亡した。こんなマンガのようなことがあり得るのだろうか。 よく司馬越の仕業と疑われる。 しかし、恵帝が死ぬことで本当にメリットがあった人物がほかにいる。

304年7月蕩陰の戦い~恵帝親征の意味とその後~

蕩陰の戦いが西晋の運命を決める。 恵帝の親征の意味と、 司馬越の戦下手。

304年7月蕩陰の戦いが、戦乱を中華全土へと拡大する。恵帝・司馬越 vs 司馬穎・司馬顒

運命の蕩陰の戦い。 恵帝・司馬越 VS 司馬穎・司馬顒。 皇帝と世継ぎの戦い。 歴史上稀有な戦いである。 奇襲によりあっけなく終わる。

西晋恵帝の謎

恵帝暗愚論に隠された秘密 西晋恵帝の実態 北宋司馬光の西晋恵帝暗愚偽装論 西晋恵帝 実態のまとめ 恵帝の、賈后への感謝。賈后の、恵帝への感謝。 西晋恵帝 三つの時期から実態を考察する。 恵帝暗愚論に隠された秘密 恵帝は暗愚だ、暗愚だと言われる。 あ…

賈后の立場はいつも不安定。

賈后が命取りになったのは、 恵帝の皇太子司馬遹を廃したことにある。 291年に始まる賈后政権は、イメージとは異なり、 非常にバランスの良い政権であった。 実務能力の高い、張華・裴頠を中心に、 外戚、宗族、名族、賈謐二十四友を中心とした寒門がバラン…

賈后評価の誤解〜賈后の動機は自己防衛〜

賈后を冷静に見つめ直したい。 賈后は、結果として、 政権運営の能力がある。 夫恵帝が皇帝即位までに至る最大の功労者であり、 恵帝の高い信頼を得ていた。 しかし、自身の立場の不安定さに常に苛まれており、 賈后の立場を脅かすような周囲の行動に極めて…