歴史マニアのための魏晋南北朝史~歴史の真髄〜中国史・日本史全般拡大中

これまでは三国時代から西晋。今は八王の乱、永嘉の乱。八王の乱、永嘉の乱は最高に面白い。

漢王朝正統アイディンティティ

漢王朝正統アイデンティティ。

 

漢朝400年の後を承けて、

建てた魏。魏は、歴史に伝統に伝説に挑戦した。

 

漢朝400年の歴史は、

皇帝は劉氏しかありえないという

伝説をもたらした。

 

これは大きな漢人のアイディンティティにもなる。

漢が本来の正統である。

 

蜀漢は、その表れだ。

遼東の公孫淵は、燕王を称し、元号を紹漢とした。

これは「漢を紹(つ)ぐ」という意味だ。

 

五胡十六国の漢も、漢を後継するという意味から、

漢を名乗っている。

 

五代十国の後漢、北漢も同様だ。

長きに渡る根強い思想と言える。

 

これは3つ理由があると思われる。

 

実態は秦が初めて皇帝を名乗ったが、

始皇帝の死後早くも自壊、滅亡したので、

皇帝を名乗った王朝は事実上漢が初めてとなる。

 

400年という長さ。

事実上初めての皇帝の王朝漢。

それが400年の長きに渡る。

皇帝=漢=劉氏と

いう考え方が出来上がるのは尤もである。

 

一度王莽により滅ぼされたが、

光武帝により漢は復興された。

光武帝も歴代皇帝の中で最も英雄的に

文武の別なく活躍した。

何か漢が不変なものと感じるのもやむを得ない。

 

 

漢の武帝の時代が正統であると

称える「史記」の効果も相まって、

漢が不変の原点であるという考え方。思想が生まれる。

 

不変への挑戦。

現実主義的ではあるが、当時としては大きな変化だった。

それを曹操、曹丕、曹叡は実行した。

歴史への反抗ともいえるのかもしれない。