歴史マニアのための魏晋南北朝史~歴史の真髄〜中国史・日本史全般拡大中

これまでは三国時代から西晋。今は八王の乱、永嘉の乱。八王の乱、永嘉の乱は最高に面白い。

司馬昭にビジョンなどなかった。なし崩し的禅譲への道。

司馬昭は、流れに乗る他なかった。

元々ビジョンがあったとは考えられない。

 

 

司馬懿の怒りは正始政変を引き起こした。

晩年を迎えた司馬懿の最後の一手だったかもしれない。

後を継ぐ司馬師の、後継体制を見据えたうえでの一手だったかもしれない。

 

いずれにしても司馬氏の正当防衛と言える。

 

司馬懿を継いだ司馬師は、

現状を維持するために名族の支持を得ようとする。

 

その結果、宗族らの反発を受けた。

皇帝曹芳の廃替までに至る。

 

しかし、それでも司馬師は、傀儡皇帝を立てようとは考えていなかった。

わざわざ、50歳を超えた皇帝を迎えようとする。

当然意のままにならないことは想定できた。

 

しかし、郭太后の反対で、

やはり若い皇帝にするほかなかった。

 

皇帝の廃替は、司馬氏の与党毌丘倹の乱を引き起こす。

毌丘倹がまともで愚直だからこその反乱だ。

 

司馬師は電撃戦で一命を賭して、毌丘倹の乱を鎮圧した。

 

司馬昭に代替わりする。

 

突如転がり込んだ、司馬氏の家督。

司馬昭は驚いたはずだ。

 

司馬昭は正妻の息子とはいえ、

司馬師の次弟。

司馬昭は、司馬師を補佐するための教育とキャリアしか積んでいなかった。

正始政変は司馬懿と司馬師で企画としたと言われるが、

もしかしたら司馬昭は入っていなかったのかもしれない。

 

父は正当防衛、

兄は現状維持、

までしか想定していない。

 

当然司馬昭はそれに則るしかなかった。

現状維持しかなかった。

 

しかし、司馬昭は、父や兄に比べ鋭さがなく、

不安になる。

自身が権力を受け継いだことをどう思っているのか。

そこで賈充が地方を探ることになった。

 

様子を伺うぐらいの意味だったのが、

賈充が吹っかけたおかげで、諸葛誕が乱を起こすことになった。

 

皇帝曹髦と郭太后を連れての司馬昭の遠征。

数十万の軍を率いての諸葛誕討伐だ。

 

皇太后を連れての遠征など、前代未聞だ。

それだけ焦ったのであろう。

 

諸葛誕との9ヶ月に渡る、泥仕合を

競り勝つ。

 

その三年後には皇帝曹髦が、

急遽司馬昭の誅殺を思い立つ。

 

皇帝自ら司馬昭のもとへ繰り出す。

自身は皇帝なのだから、刃を向けるはずがないという言い分だ。

もちろん皇帝曹髦の世間への皮肉だろう。

 

誰も刃を向けられない中、

賈充が、今こそ恩に報いる時だ、として、

成済に皇帝曹髦を弑逆させる。

 

その後対応を協議したが、陳泰(陳羣の子)のみが出席していないことに

気づく。

陳泰に異議を唱えられることを司馬昭は恐れた。

焦った司馬昭は、陳羣の子陳泰に相談する。

父親は魏の建国の功臣同士だ。

 

陳泰は皇帝弑逆の指示を出した賈充を

腰斬すべし(腰元で身体を斬り、徐々に死に至らしめる酷刑)と

助言されるも、司馬昭はそれができない。

 

結局成済を族滅することでお茶を濁した。

 

司馬氏は、皇帝を一人廃替し、

皇帝を一人弑逆した。

 

梁冀が自身を跋扈将軍だと批判した質帝を毒殺し、

桓帝に替えたのにならんでしまったのだ。

 

こうして、司馬昭はなし崩し的に禅譲への道を辿る。

 

果たして、それは司馬昭にとって望む道だったのか。

 

賈充が時代を先導する、そういう時代に入ったのである。