歴史マニアのための魏晋南北朝史~歴史の真髄〜中国史・日本史全般拡大中

これまでは三国時代から西晋。今は八王の乱、永嘉の乱。八王の乱、永嘉の乱は最高に面白い。

蜀漢を降伏させる=漢の放伐成功=天命が下る

この蜀漢は、
劉備と劉禅の主張では、漢を継ぐものであった。

この主張が輿論に十分に通じる証拠がある。

西晋末の劉淵が、304年に漢を建国した時に、
劉淵は当時蜀の後主と言われていた劉禅を継ぐと
主張して皇帝になったのだ。

そして劉淵は、
劉禅に対して、
孝懐皇帝という諡号を追贈する。

劉禅は、皇帝であったが、魏の軍勢を前に降伏したので、
皇帝としての諡号は贈られていなかった。

263年に蜀漢が滅亡し、
265年に西晋が成立、
280年に西晋は呉を滅亡させて、天下を統一した。
にも関わらず、304年当時に、この漢を継ぐという
考え方は輿論の支持を受けていたのだ。

漢の正統性、蜀漢の正統性というのが
輿論の高い支持を得ていたことを伺わせる事象である。