歴史マニアのための魏晋南北朝史~歴史の真髄〜中国史・日本史全般拡大中

これまでは三国時代から西晋。今は八王の乱、永嘉の乱。八王の乱、永嘉の乱は最高に面白い。

蜀漢皇帝劉禅在位年数は、当時皇帝在位年数第二位であった。

下記が歴代中華皇帝の中で在位年数が長い者から順に挙げたものである。

---------------------

①清康熙帝61年

②清乾隆帝60年

③前漢武帝54年

④遼聖宗49年

⑤明万暦帝48年

⑥南朝梁武帝47年

⑦明嘉靖帝45年

⑧唐玄宗44年

⑨北宋仁宗41年

⑩蜀漢後主40年

⑩南宋理宗40年

-----------------------

中国史上歴代皇帝(秦始皇帝以降。以前の周などの天子は除く。)

では、劉禅は在位年数10位である。

そして、蜀漢滅亡時点で、劉禅よりも

在位年数が長い皇帝は、前漢武帝しかいないのである。

つまり、皇帝在位年数第2位であった。

 

南北朝の歴史を紐解くと、よく梁武帝の在位年数が取り上げられる。

長い、または長すぎると。

それは、梁武帝以前の歴代皇帝在位年数第2位の

劉禅を超え、前漢武帝の54年に迫りつつあったからである。

在位年数47年で侯景により終焉を迎えた。

 

我々現代日本人からすると、今上天皇は、来年で在位30年に渡り、

その前代昭和天皇は、在位64年に渡るため、

何となく30年でさえも少し短く感じる。

しかしながら、

中華皇帝で昭和天皇の在位年数を超えるものはおらず、

30を超える皇帝すらも数少ないのが現実である。

 

在位年数の長さは、社会の安定に寄与する部分もある。

劉禅の在位年数の長さは、客観的に判断できるプラス材料の一つである。