歴史マニアのための魏晋南北朝史~歴史の真髄〜中国史・日本史全般拡大中

これまでは三国時代から西晋。今は八王の乱、永嘉の乱。八王の乱、永嘉の乱は最高に面白い。

賈謐二十四友の概要:末路と由来

賈謐二十四友というわけなので、24名いる。

彼らの事績を各論で述べる前に、全体像から入って説明をしたい。

 

賈謐二十四友というが、賈后政権が倒れた際に、司馬倫ないしは孫秀に殺されたのは、4名のみである。

ほかは生き延びた。決して、全員が賈后・賈謐の与党という見られ方をしていなかったのはこれでわかる。

 

だが永嘉の乱は生き延びることができない者が大半である。

西晋への忠義を貫いて、死んだ者も多い。

 

乗り越えられたのは、陳眕のみである。

純粋な詩人は、左思ぐらいである。

彼らは高名なので、大半は八王の乱から永嘉の乱に掛けて

ちらちらと姿を現す。

牽秀が陸機を司馬穎に讒言し、殺害させるなど対立もある。

陸機・陸雲兄弟は詩人としての才能もさることながら、

あの陸遜の孫ということもあって目立つ。

 

劉琨の独自性も際立つ。

最後まで華北で異民族に抗戦した漢人であるが、

前漢景帝の子中山靖王劉勝の末裔という血統を持つ。

 

決して賈謐二十四友は三公になるほどの名門・名族ではないが、

由緒のある者が多い。西晋貴族名族政権において、割を食った人たちではある。

 

下記に各人の末節と由来について

まずは簡単に記載する。

 

①石崇・・・300年孫秀に殺された。父は石苞。

②欧陽建・・・300年孫秀に殺された。末裔に北宋の欧陽脩。

③潘岳・・・300年孫秀に殺された。

④陸機・・・303年司馬穎に殺された。祖父は陸遜。

⑤陸雲・・・303年司馬穎に殺された。陸機の弟。

⑥鏐世徴・・・不明。

⑦杜斌・・・300年司馬倫に殺された。(張華・裴頠らとともに。)

⑧摯虞・・・311年、懐帝の時、劉曜により洛陽が陥落させられたのち流亡し餓死。

⑨諸葛銓・・・311年故司馬越軍に従軍、石勒の攻撃を受け殺される。諸葛緒の孫。

⑩王粹・・・308年石勒による鄴攻撃のとき戦死。王濬の孫。

⑪杜育・・・311年、懐帝の時、劉曜により洛陽が陥落させられた時殺される。杜預と同族。

⑫鄒捷・・・永嘉の末年に死去したらしい。

⑬左思・・・303年に洛陽から冀州に避難、数年後に病死。

⑭崔基・・・不明。清河崔氏。

⑮劉瓌・・・不明。

⑯和郁・・・311年劉曜に洛陽を攻めた際に援兵を集めている最中に病死。

⑰周恢・・・不明。

⑱牽秀・・・司馬顒サイドに属するも、306年最終的には味方によって殺害される。

⑲陳眕・・・東晋二代皇帝明帝のとき(322-325年の間)に江南で死去。

⑳郭彰・・・司馬倫クーデター前に病死。賈后母方の実家郭氏。

㉑許猛・・・不明。

㉒劉訥・・・不明。

㉓劉輿・・・司馬越の輔佐になった後311年病没。前漢景帝の末裔。

㉔劉琨・・・318年鮮卑段部により殺される。劉輿の弟。