歴史マニアのための魏晋南北朝史~歴史の真髄〜中国史・日本史全般拡大中

これまでは三国時代から西晋。今は八王の乱、永嘉の乱。八王の乱、永嘉の乱は最高に面白い。

司馬越の行き先は建業である~③その理由を地図から辿る~「310年11月司馬越江南遷都大作戦」

この軍勢は、軍隊ではない。
貴族の護衛である。
ーーーーーーーーー

①政治情勢、
②軍隊の中身

から、この310年11月の司馬越の洛陽離脱が
江南への逃避行であることを解いた。

今回は、
地図から辿りたい。

まず下記の地図を見て欲しい。

洛陽から項県への道

●●●●

f:id:kazutom925:20170630122851p:plain

 

司馬越は、
簡単に言うと、洛陽を出て、
この項県というところに行っている。

行ったところで総帥司馬越が病に罹り、
項県に駐留せざるを得なくなったというのが、
事実だ。

司馬越がすんなり病死かどうかはわからないが、
ここでは論じない。

 

話を戻すと、
洛陽から項県に向かうには、
南東方面に向かうことになる。

 

項県は、豫州の州治(県庁所在地とほぼ同義)陳県の南である。
豫州である。
古の陳国の領域である。
洛陽から見るとだいぶ南に下がっている。

当時の街路は全てが定かであるわけではない。

洛陽から項県の行き方を探ってみる。

 

まず、洛陽から出て東に向かう。

滎陽に辿り着く。

ここでふた通りの道に分かれる。

①南に下って、古の新鄭(鄭の都)を通過して、
潁川郡の許昌に出る道。

307年の司馬越四兄弟出鎮の際、
司馬越は許昌に出鎮した。

ある程度の配下を残していたかもしれない。
また、ここは西晋の副都であり、
軍隊も以前は多数駐屯していた。

これらを回収した可能性は大いにある。

これら軍隊を回収して、
潁水沿いを東下すると、項県に到着する。

②もう一つは、
滎陽からさらに東に進み、
陳留郡の現在の開封市(当時の開封とは場所が違う。)で、
南に下る。

これは運河である。
真っ直ぐ南に下がると、
陳県にに辿り着く。

さらに南下して項県に辿り着く。

やはり、西晋の最高権力者である司馬越が、
西晋の財産を捨て置く可能性は捨てがたいので、やはり、
①の方が都合がよい。

許昌で軍卒を補充して、東下した。

これが結論である。

項県からの行き先

司馬越が311年3月にここ項県で死去してしまうので、
ここから東海国郯県を目指すのだが、
下記を見て欲しい。

●●●●

f:id:kazutom925:20170630122911p:plain

東海国に行くには北東に上らなくてはならない。
ざっと項県から右上に線を引くと、
交差する線が多数ある。これは河川である。

 

当時の街路、水路と、現在の街路、水路が混在しているが、
はっきりとわかるのが、水路、すなわち川が多いことがわかる。

交差しなくてはならない。
つまり渡河をしなくてはならないのだ。

この「軍勢」、ではなく、貴族の護衛集団は、
女子供はもちろん家財道具も持参している可能性が極めて高い。
金銀財宝の類も含めてだ。

私が、この司馬越東下は逃避行だと断じていることもあるが、
ちょうど司馬越が洛陽を出た直後、
撃退はしているものの、
劉粲(匈奴漢二代皇帝劉聡の子)と石勒が洛陽を攻撃しているから、

ということも家財道具、金銀財宝込みの「軍勢」と言える理由だ。

 

これは事項に譲るが、
洛陽の攻撃を察知して、
懐帝を放置して逃げている軍勢である。

家財道具なども含めての逃避なのである。
疎開である。

それを持っての渡河である。

これは大変難儀なことである。

 

貴族たちは自分の手を汚さない。
というより、うまく物を運びことすらできない。
泳ぐこともできない。大量の物資を人足という貴族の物が運ぶ、

それがこの集団の正体である。

 

これは馬鹿にするものではなく、
当時はそういうものだということだ。

 

なので、この大量の渡河を伴う、

この項県から斜め右上に行く、北東移動は事実上不可である。

となれば、運河を辿って北上し、
陳留郡の現在の開封市に行き、
そこから東に向かうことが想定される。

まず
沛の蕭県に辿り着く。ここは、305年の司馬越が司馬顒・司馬穎勢力に
反抗した時に、出張った場所である。

その後、
徐州州治の彭城、
軍隊の駐留する下邳、
下邳から北上し、やっと東海国郯県である。

下邳は、司馬越が司馬顒・司馬穎に反抗した時に
まず襲った場所である。

下邳は、
司馬楙という司馬朗家の人物が
都督諸軍事として駐留していた場所である。

その後、司馬伷家の司馬睿に任せて、
司馬越は中原、洛陽に出張って行った。

東海国の首府郯県は、
項県はこのように大分遠い。

元々の目的地とは考えにくい。

ということで、
洛陽⇆東海国郯県というのは、

洛陽、滎陽、今の開封、蕭県、彭城、下邳、東海国郯県という
道を使うべきで、
そもそも違ったルートを取った、この司馬越の集団は、
東海国に向かったものではないことがわかる。

さらに付け加えると、
項県からの北上は遡上である。
河の流れに逆行するので、時間も労力もかかる。
普通はしたくない道だ。
また敵対勢力の苟晞に近づくことにもなる。
懐帝は苟晞に対して司馬越追討の密勅を出している。
これを司馬越が知らなくとも、
一触即発だった苟晞のいる青洲に積極的に近づく道は考えにくい。

 

司馬越の行き先、その答え

 

さて、行き先はどこなのか。
下記を見て欲しい。

●●●

f:id:kazutom925:20170630122929p:plain

実は目と鼻の先が寿春なのである。
項県から潁水を下っていく、
つまりそのままどんぶらこと下っていくと
自ずから寿春にたどり着いてしまうのである。


寿春に辿り着くと、
南東に方向を取って、
合肥、長江を越えると建業である。

そこには、
瑯琊王司馬睿が都督諸軍事として、
エリアを管轄している。

ここは下記の理由で逃げ込むのにうってつけの場所なのである。

呉の諸臣も協力体制を取っている。

三国呉は、揚州、荊州を支配し、
20万人の軍卒を養っていた。

この司馬越が率いる10万とも20万とも言われる集団を
養えるエリアである。

寿春から先は湿地帯となり、
さらに長江という天然の濠がある。

華北では匈奴が跳梁跋扈しているが、
ここは騎兵が使いにくいエリアなのである。

建業は華北平原の南端であり、
南には山岳地帯があって背後を取られることがない。

態勢を立て直すには格好の場所である。


前項にも書いたが、
この軍勢は貴族の集団である。
司馬越に名声があったとしても、
戦いにいくだけでここまでの人物たちが揃うことはない。

この建業逃亡ぐらいの企画がなければ、
ここまでの人間は従わない。

洛陽を離脱した司馬越の行き先は、
地図から見ても、江南の建業しかあり得ないのだ。