歴史マニアのための魏晋南北朝史~歴史の真髄〜中国史・日本史全般拡大中

これまでは三国時代から西晋。今は八王の乱、永嘉の乱。八王の乱、永嘉の乱は最高に面白い。

317年12月から318年3月まで中華皇帝というこの世の持ち主が存在しない大変な異常事態が起きる。

 

西晋東晋過渡期の311年ー318年、下記の重要事件が起きる。

 

・司馬越病死軍勢滅亡3114

・懐帝 逮捕(洛陽陥落)3116

・懐帝 処刑3131

・愍帝 逮捕(愍帝、降伏)31611

・愍帝 処刑31712

・建業の司馬睿が即位。(東晋元帝)3183

 

この世の持ち主が存在しない異常事態:

 

31712月から3183月まで

空白の三か月。皇帝が存在しない。この世の持ち主が存在しない、大変な異常事態。

僭称ではなく、禅譲・放伐などを経て、天子として即位した皇帝がいないというのは、

秦の始皇帝、この期間が初めてで、かつ清宣統帝溥儀が退位するまで唯一の期間なのである。

 

www.rekishinoshinzui.com

 

西晋勢力にとってこれは大変な異常事態であった。

中華思想において、皇帝が存在しないということはあり得ない。

皇帝がいないと成り立たないのである。

空白の三か月。

 

ここに至るまで、3116月に懐帝が逮捕されてから、

事実上皇帝権の空白というのが、

3183月まで続いていた。

 

後世の我々は、

西晋が311年から317年の間のどこかで倒れ、東晋が成立したなどという大雑把な

理解で終わりにしてしまうが、

ここがそもそもわからなくする原因だ。

 

当時は西晋も東晋もなく、ただ晋という王朝があるのみだった。

もっと言えば、晋はただの認識記号にすぎず、

ただ天命を受けた天子という皇帝がいるにすぎず、

晋も漢もなかった。

 

 

飼い犬に手を咬まれた中華皇帝:

 

 

ただ皇帝というたった一人の存在があり、

その皇帝がこの世のすべてを保有するという考え方だった。

この考えに服さない者はすなわち化外の者であり、可哀そうな存在だった。

 

ギリシアのバーバリアンに近く、軽く獣に近い扱いだっただろう。

 

そんな獣に、中華の民は散々荒らされた。

中華王朝が機能していないので、西晋勢力は各個ばらばらで活動している。

 

各個撃破のやり方で、主に石勒、少しだけ劉聡の指示を受けた劉曜が滅ぼしていった。

 

それが、後世に言われる永嘉の乱である。

 

乱というより、変だと思うが、歴史上乱と呼ぶ。

 

北宋の靖康の変と同様の大事件である。

 

靖康の変は異民族の契丹を排除しようとして、後方の異民族・金と結び、契丹を滅ぼすが、

今度は北宋が金からの攻撃を受け、華北を失陥する、皇帝は囚われるという事変である。

言い方は悪いが、飼い慣らそう、飼い慣らしていると思っていた異民族に

逆襲されたという構図は、永嘉の乱と全く同じである。

 

漢人からすれば、飼い犬に手を咬まれたのと同じだ。

 

 

西晋勢力は、

それぞれ各個撃破され、

愍帝処刑時に残っていたのは、

司馬睿(建業・揚州)

司馬保(涼州・天水)

陶侃(荊州)

張軌(涼州・姑臧(現在の武威))※314年に張軌死去、張寔が後を継ぐ。

であった。