歴史マニアのための魏晋南北朝史~歴史の真髄〜中国史・日本史全般拡大中

これまでは三国時代から西晋。今は八王の乱、永嘉の乱。八王の乱、永嘉の乱は最高に面白い。

⑤石勒の中華戦記 葛陂から襄国へ撤退 それは匈奴漢への背信行為 312年

 

石勒は葛陂を引き払って、勝手に襄国に本拠を置いて、

河北制覇を目指す。

それは匈奴漢皇帝劉聡に対する背信行為であった。

 

石勒にとっても大きなリスクを背負ってのアクションだったが、

劉聡は特に動かない。

 

石勒は鄴と襄国という戦略的要地をうまい具合に抑えて、

自立の道を進む。

 

 

 


●石勒の葛陂の撤退は匈奴漢からの命令違反

 

 

312年石勒は葛陂を引き払って、一路河北を目指す。

 

これは明確な命令違反であった。これは相当なリスクだ。

石勒は劉聡の命令により荊州、豫州方面へと転戦していた。

洛陽陥落の直前に、劉曜から外されて、豫州へと赴いたのも、

指示通りだ。

 

葛陂の駐屯までは匈奴漢の指示通りなのである。

ここで葛陂を引き払って河北へ帰るのは命令違反である。

軍法会議で処刑ものの違反である。

 

しかし途中で石勒は王弥を殺していた。

劉聡は王弥が自立しようとしていたことを知らなかったので、

石勒を処罰しようとしたが、石勒の力を利用することを取り、

処罰は取りやめた。

 

しかし劉聡はそこまで甘い皇帝でもない。

石勒には王弥を殺したことで劉聡の不興を買っていたことぐらい

わかっていた。

 

そもそも劉聡と石勒には大して面識すらなかったはずだ。

石勒は劉淵の元に亡命し、

数ヶ月で出兵している。

その後并州には戻っていないのだから、

劉聡と親しくなれるわけがない。

 

劉聡は王弥のことを不問にしたとはいえ、

それがどれほどに曖昧な処置かがわかっていた。

 

だからこそ南方に逃げたのである。

そして北へ帰る。

それは自立するためであった。


●石勒、旧王弥の領域を通過して、襄国に入る。

f:id:kazutom925:20170916133930j:plain

石勒は河北へ帰る。

葛陂から北へ向かう。

許昌周りだったかはわからない。

白馬、延津周辺の黄河渡河地点を使う。

 

そこに至るまでは、全て旧王弥の領域だった。

石勒にとっては完全な敵地であった。

どうもこの石勒の北帰の時点では、

このエリアは東晋に降っていたと思われる。

 

兵糧が欠乏していた石勒軍は、途中で略奪をして

兵糧を調達したかった。

しかし、各都市が、

城門を固く閉めて守っているため、それができなかった。

旧王弥の領域なので、石勒に対しては恨みがある。

かなり苦しい思いをして黄河までたどり着いた。

 

312年7月、支雄と孔萇は文石津(延津胙城东北)から

筏を使って慎重に渡河。

石勒自身は酸棗(延津の南)から

棘津(延津の東北)へと向う。

向冰は石勒軍の襲来を知ると、船を集めて迎撃。

その時既に、支雄らは渡河を完了させて

向冰の砦門に到達しており、

船30艘余りを手に入れると、

兵を全て渡河させていた。

このまま鄴を攻撃。

石勒が鄴を陥落させるのはこれで3回目。

陥落させ、石虎に鄴を預ける。

石勒自身は襄国に拠点を置く。

 

河北で割拠するためには、幽州の強敵王浚を抑え込む必要があるためだ。

石勒、ようやく腰を落ち着ける。

 

なお信都郡から葛陂までは東京から青森間の距離。

この7年間、この距離の間を絶え間無く戦陣で石勒は過ごしてきたのである。