歴史マニアのための魏晋南北朝史~歴史の真髄〜中国史・日本史全般拡大中

これまでは三国時代から西晋。今は八王の乱、永嘉の乱。八王の乱、永嘉の乱は最高に面白い。

⑩石勒の中華戦記 劉趙(前趙)と石趙(後趙)並立。劉曜の嫌がらせ

319年に至り、いよいよ石勒は趙王として完全独立する。

趙皇帝劉曜からの猜疑を受けて手切れとなったためだ。

 

劉曜から仕掛けて石勒と手切れとなったが、

彼我の戦力は実は劉曜が劣勢である。

 

劉曜は、

関中を本拠に河東、河内を支配する。

石勒は、襄国、鄴を中心に、冀州、兗州、幽州、并州、豫州の一部を支配。

青州は曹嶷が実効支配するが附庸国である。

 

ざっくりと319年の勢力圏を表した地図が下記である。

 

f:id:kazutom925:20170922170808j:plain

劉曜の支配地には、洛陽と長安があるも、

西晋との抗争で、著しく荒廃していた。

 

 


●劉曜、石勒と手切れ。

 

・319年3月

石勒、劉曜と対立、鮮明化。

劉曜の猜疑により、石勒の使者が殺される。

この使者に従っていた者が、劉曜に使えることになり、

石勒のことを讒言したからである。

石勒へ九錫を与えてから3ヶ月後のことだった。

このタイミングで、この事件が起きて得をするのは石勒である。

石勒はこれ以上、劉曜に付属していてもメリットはない。

私はこの事件は、

石勒が劉曜をけしかけて、敢えて殺させたと考えている。

 

一方劉曜は、関中と河東の掌握のみで、石勒に対して劣勢である。

一度は九錫を与え、石勒には懐柔策で当たることを決めていたのに、

この方針転換は不思議である。

私は石勒側の謀略と見ている。

石勒はこうした謀略に関しては、非常に狡猾である。

ただ、

使者のポジションは石勒の左長史で、直属の属官である。

個人的に石勒が好きでなければこのようなことにはならない。

一抹の疑問が残るところでもある。

 

●元から、対立関係にあった劉曜と石勒。

 

彼ら二人には大した交流はなく、思い入れもなかった。

 

●石勒のスタンス

 

石勒は、鼻から靳準の乱という

匈奴漢の苦境に乗じようとした。

そもそも匈奴漢を主君とは考えていない。

葛陂撤退以来うまくやってきただけである。

劉曜に対しては、洛陽陥落寸前に、

豫州に行けと追い払われた恨みもある。

石勒は洛陽陥落の褒賞を受けていない。

 

●劉曜のスタンス

 

劉曜は、劉淵・劉聡の直系が

滅びれば当然自分が匈奴漢を継承すべしと考えていた。

靳準の乱において、

漁夫の利を得ようとした石勒に関しては、

元より不快であった。

国家の紐帯を維持するために、妥協したに過ぎない。

 

石勒に反乱の兆しが見えるのであれば

対立するのは望むところ、

というのが劉曜のスタンスだ。

 

石勒は河北をほぼ制覇していたが、

それは匈奴漢の帥将であった、

劉曜こそが、

劉曜が西晋本拠の長安を攻めていたからである。

西晋を劉曜が引きつけていたからこそ、

石勒は河北を取れたに過ぎない。

劉曜からすれば、石勒は

河北を掠め取ったに過ぎないという立場である。

 

劉曜は、

石勒の自立志向の行動を許すまじ、ということは

いつでもできた。

それが今回だったに過ぎない。

 

劉曜と石勒は手切れとなった。

具体的には、

劉曜は、石勒の太宰任命を取りやめ、

劉聡がかつて与えた、封侯・官位授与権を取り消した。

 

●石勒は、幽州・豫州を確保、勢力圏を固めきる。

 

・319年4月

石勒は譙の祖逖と戦い、淮南まで撤退させる。

同月、

石勒の部将孔萇は幽州に進軍して諸郡を平定した

それに伴い、段匹磾が

薊から撤退。

上谷に逃れる。

鮮卑の代王拓跋鬱律に攻撃され、

楽陵の邵続のもとに

逃げ込む。

青州の曹嶷の求めに応じ、石勒は両勢力の境界線を明確にした。

 

●劉曜は長安に遷都、国号を趙に替える。趙皇帝劉曜

 

劉曜は、

皇帝になる前からの自身の本拠地、

関中・長安に遷都する。

匈奴漢の帝都、平陽は靳準の乱で荒れ果てていた。

・319年10月
劉曜は、

冒頓単于を祖とし、

趙に国号を変更。

匈奴漢は、漢の高祖や文帝、烈祖とされた劉備を祖として、

宗廟に祀っていた。

ここで、劉曜は、冒頓単于を祖とする国家へと変更。

劉曜は、即位前中山王であり、中山は趙から分かれた国であったため、

趙の国号を採用した。

 

●劉曜が国号を趙に変えた三つの理由


ここには3つの理由があると私は考える。

 

・直系ではないと、皇帝を継げないという考え方。

 

西晋世祖武帝司馬炎に始まるこの考え方。

弟司馬攸対策。父司馬昭の後継者を争ったことから、

司馬攸に帝位は継がせないためのロジックだった。

 

www.rekishinoshinzui.com

www.rekishinoshinzui.com

 

 

一旦は匈奴漢を継いだ劉曜。

司馬炎が仕掛けたこのロジックは漢人の間に残る。

劉曜は匈奴漢の正統な皇帝ではないと。

 

唯一人の皇帝には、このような噂は嫌なものだ。

であれば、自分の王朝を創始する、そう劉曜は考えた。

 

・漢を継ぐ必要がなくなった。

 

劉淵は漢を継ぐということを旗印に挙兵し、

304年漢を建国した。

これは政治的な判断で漢とした。

それは漢人の支持を得るためである。

 

漢の建国と言うより、復興とした方がマッチするか。

匈奴勢力に押されてやむを得ずの挙兵であった。

その後、結局散々西晋と戦い、西晋を亡国に追いやった。

現在江南で東晋が復興するも、以前の中華統一王朝ではない。

司馬炎のロジックからすれば、

司馬睿は皇帝となり、晋を復興させたが、

実はこの時代においては僭称である。

司馬炎の血を継ぐ者しか、晋は継げない。

司馬睿の東晋は思想上は別王朝である。

但し、司馬炎の子孫は事実上絶えたので、

やむを得ない処置と見ることもできる。

 

・趙王石勒への牽制、というより嫌がらせ

 

私は案外と、これが劉曜の本音だったのではないかと

考えている。

劉曜は一度は石勒を趙王に封じた。

が、手切れとなった。

今となっては石勒が忌々しい。

あの趙王にしたという事実を反故にしたい。

しかし、いくら皇帝と言えど、一度決めたことは反故にはできない。

綸言汗の如し、である。

 

しかし劉曜自身が自分の国を趙としてしまえば、

石勒の趙王というのは事実上の無効になるのではないか。

王というのは、皇帝の御代、その治世下において、

の王なのである。

 

だから、漢帝国の下に漢王はいないし、

晋帝国の下に晋王はいない。

当たり前なのだが、

そこを劉曜は石勒に当てつけをしたのではないだろうか。

下記にも記載するが、

中山を趙とするのは実は無理がある。

劉曜側の方がこじつけて、無理に趙という名前にこだわった可能性が

私は高いと考えている。


●劉曜の趙は、漢地に存する異民族王朝。劉淵の漢とは本質的に異なる。

 

ウィキペディアから引用
―――――
詔を発し「朕の先祖は北方に起こったが、

光文(劉淵)は国民の望みにそって漢の宗廟を奉じ、

国号を漢とした。今、朕は単于を始祖とし、

国号を改めることを考えている。この事について意見はあるか。」と尋ねた。

群臣は「光文帝は最初、盧奴伯爵に封じられ、

陛下も最初は中山で王となりました。中山とは趙から分かれた地です。

国号は趙とするべきです。」と上奏した。

劉曜はこれに同意し、国号を趙とした。

劉曜は冒頓を天に配し、劉淵を上帝に配した。死刑以下を大赦した。
――――

 

中山は元は鮮虞と呼ばれ、白狄が建てた国である。

趙から分かれたというのは間違いである。

中山は趙武霊王が滅ぼした国である。

劉曜の王朝が漢人知識に乏しいことがこれでわかる。

 

上記引用文からわかるように、

劉曜の趙は、冒頓単于を祖とするものに変更したとある。

劉淵は祖ではなく上帝となったので、

劉淵が建てた匈奴の漢とは別王朝になる。

 

だから、

劉淵の漢の時代も含めて、

前趙と呼ぶが、

厳密には間違いである。

別王朝だ。

劉淵は高祖劉邦の子孫として国を建て、

劉曜は匈奴冒頓単于の子孫として国を建てた。

 

それぞれの国が標榜している、

歴史と言う伝説が異なる。

全く別の王朝なのである。

事実≠歴史である。