歴史マニアのための魏晋南北朝史~歴史の真髄〜

三国時代から西晋、八王の乱、永嘉の乱、そして東晋と五胡の時代へ。

前燕皇帝慕容儁の成功要因① 慕容恪と慕容評

鮮卑慕容部が、

大きく雄飛するのは慕容儁(ぼようしゅん)の時代である。

 

これを実現できたのは、

弟慕容恪と叔父慕容評の献身的なサポートがあったからである。

 

これは、鮮卑慕容部としては、異例中の異例である。

 

唯一の例外がこの慕容儁の時代であり、それ以外は全て、

後継直後に必ず身内同士の争いがある。

 

●あっという間に河北を獲得した慕容儁

 

慕容儁の事績を下記に記す。

348年に慕容儁は、

遼東の覇者となっていた父慕容皝が死去し、その後を継ぐ。


東晋からは、翌349年4月に承認される。

使持節、侍中、大都督河北諸軍事、

幽州・冀州・幷州・平州牧、

大将軍、大単于、燕王に任命される。

(平州は遼東のことである。)

 

この東晋が慕容儁に

任命した上記のつらつらとした官職・官名は

わかりにくい。

建前、名誉としてのものもあるためだが、

これは一言で言うと、

東晋は河北(黄河以北の東半分のこと)については

慕容儁に任せるという意味である。

 

本来、これは建前・名誉の部分が大きかったが、

これが実態を持つ事件が起きる。

 

後趙石虎の死である。

 

 

www.rekishinoshinzui.com

 

慕容儁が上記のように東晋から任命された、

同じ月の
349年4月下旬に華北を支配していた後趙石虎が死去したのである。

 

これで、後趙が内乱状態に陥る。

この混乱に乗じ、慕容儁は河北へ侵入。

 

慕容儁は、上記の東晋から認められた建前があるので、

スムーズに動けたのである。

 

350年薊(いまの北京)を攻略、遷都。

352年には慕容儁は皇帝を称し、

357年に後趙の帝都であった鄴へ遷都。

 

●鄴の位置付け。

 

 

www.rekishinoshinzui.com

www.rekishinoshinzui.com

www.rekishinoshinzui.com

www.rekishinoshinzui.com

www.rekishinoshinzui.com

www.rekishinoshinzui.com

www.rekishinoshinzui.com

www.rekishinoshinzui.com

 

 

こうしてあっという間に慕容儁は勢力を伸張させた。

名実共に、石勒・石虎の後趙の後継王朝として、

中華へ侵入したのが、慕容儁の時代である。

 

●慕容儁の幸運、慕容恪と慕容評のサポート

 

 

慕容儁がその治世の開始に当たって、

まず幸運だったのは、

鮮卑慕容部のお家芸、

兄弟、宗族争いがなかったことだ。

 

何故か。二つある。

 

一つは、慕容儁の兄弟で最も優秀な慕容恪が、

大人しく慕容儁の言うことを聞いたからである。

もう一つは、叔父で鮮卑慕容部長老の慕容評が、

慕容儁を支えることを決めていたからである。

 

 

●慕容部の兄弟争いはいつものこと

 

 

祖父慕容廆は、庶兄慕容吐谷渾(ぼようとよくこん)、

父慕容皝は、庶兄慕容翰(ぼようかん)と

争った。

 

 

www.rekishinoshinzui.com

www.rekishinoshinzui.com

www.rekishinoshinzui.com

 

慕容吐谷渾、慕容翰は勇将で、

鮮卑慕容部の高い軍事力を推進したので、

これらが離反するのは、

鮮卑慕容部としては手痛いダメージであった。

 

慕容吐谷渾は部族を率いて、青海に去る。

人民、それに付属する家畜は異民族の資産であったから、

それがなくなるのは、鮮卑慕容部の力が弱まる。

慕容翰は、鮮卑慕容部のライバル、

遼西の鮮卑段部に亡命。

慕容翰という勇将が去ることはもちろん痛いが、

軍事機密が敵に漏れるのはさらに痛い。

 

●叔父の専横も異民族の通例

 

また叔父が乗っ取るということも異民族ではよくあった。

慕容廆は父慕容渉帰が283年に死去した時、

まだ14歳であった。

そのため叔父慕容耐が大人位を乗っ取った。

 

285年には慕容廆は慕容耐を討ち、

正式に鮮卑慕容部を継ぐが、

年長者の叔父が兄の死後を狙うというのは

良くあることであった。

 

このように、

鮮卑慕容部で起きた代替わりの度の争乱は、

常に鮮卑慕容部の足を引っ張っていたのである。

 

しかしながら、

慕容儁が後継となるにあたり、

上記の慕容吐谷渾、慕容翰の立場に当たる、

慕容恪、

慕容耐に当たる、慕容評の

二名が慕容儁に協力したのである。

 

何が違うのか。

 

君主である慕容儁が何かをしたと言うよりは、

慕容恪、慕容評のそれぞれのスタンスの部分が大きい。

 

慕容恪が慕容儁を心底輔弼し、

そしてこの慕容恪に慕容評は協調した。

 

これが前燕の成功要因である。

 

次回以降でその理由を説明したい。

〈続く〉