歴史マニアのための魏晋南北朝史~歴史の真髄〜

三国時代から西晋、八王の乱、永嘉の乱、そして東晋と五胡の時代へ。

357年末時点で前燕・東晋・前秦の三国対立が確定

357年末で三国対立の情勢が確立する。

 

 

●前秦まとまる。姚襄の死と、苻堅即位。

 

 

姚襄は桓温に敗れた後、

幷州の平陽に逃げ込む。

劉淵が建てた匈奴漢の帝都があった場所である。

 

ここから前秦氐族苻氏の関中を狙う。

関中に侵入、前秦は苻堅を含む軍勢で迎撃。三原にて戦う。

 

姚襄は果敢にも自ら出撃して戦うが、

戦死する。

 

羌族姚氏は柱を失い、

前秦に服属することになる。

 

この戦いの後、前秦で政変が起きる。

皇帝苻生が臣下に殺され、

苻堅が後を継ぐ。

 

苻堅は皇帝ではなく、一つ位を下げて天王と称す。

ここから苻堅は当面内政に専念する。

これで前秦はまとまることとなる。

 

 

www.rekishinoshinzui.com

 

●前燕の河北制覇

 

356年中に慕容恪が青州の段部を滅ぼす。

太行山脈の東(一つの表現としてこれを「山東」というのだが、

山東省は泰山の東の意味で、簡単に言えば古の斉、この時点では青州なので、

混乱する名称である。)

で黄河以北は前燕の支配下となった。

 

357年前燕の慕容儁は、思い切った行動に出る。

鄴へ遷都をした。

 

350年から薊を本拠としていたが、

領域が広がったことで鄴へ遷都。

遼東を発祥とする鮮卑慕容部としてはさらに前進したことになる。

 

鄴の周辺は中華発祥以来の中心地帯に入るエリアで、

曹操以来の軍都、それに伴い当時としては最新の大都市である。

 

皇帝でもある前燕慕容儁はこれで名実ともに

中華王朝として中華に君臨することを内外に示したことになる。

 

 

www.rekishinoshinzui.com

 

●東晋 桓温全盛期

 

桓温の全盛期であり、かつ

東晋としても全盛期である。

 

荊州、揚州を発症に、

蜀を攻略。

 

www.rekishinoshinzui.com

www.rekishinoshinzui.com

 

354年の長安攻略は失敗するものの、

356年の洛陽攻略は成功した。

 

www.rekishinoshinzui.com

www.rekishinoshinzui.com

www.rekishinoshinzui.com

 

 

揚州、荊州、益州、

それに洛陽を加えたエリアが東晋の支配領域である。

洛陽攻略という桓温の快挙をきっかけに

桓温の政治力も高まっていく。

 

これまで外征に反対であった貴族名族の意見も、

この快挙の前では通らなくなる。

 

これに付随して、

政治的経緯によるゆがみである、

僑籍が注目されるようになる。

 

 

北からの逃亡流民を戸籍に組み入れて、

国力を増強し、本格的な外征、北伐を行うということが

政治課題となる。

 

少し後だが、桓温は360年に南郡公に封じられる。

この爵位は、後にこの桓玄に引き継がれ、

この爵位を根拠に楚という国を建てる。

 

南郡というのは、戦国時代の秦の白起が前278年に

楚を打ち破り、都・郢を占拠。この郢を秦は改名して、

南郡としたのである。

 

つまり、桓温のこの南郡公というのは、

楚公と言っても良いというわけである。

 

ここに、東晋としても、

建国初期の、

建康と荊州に鎮する王敦という構図を

想起させる。

 

建康の桓温に対する警戒は緩むことはなかったが、

桓温は王敦とは異なり、

あくまで東晋という枠組みにはこだわることになる。



●前燕、前秦、東晋の三国対立が確定。

 

三者が上記のように確定し、

それぞれ国力を増強しながら、対外情勢をにらむというフェーズに入る。

 

まさに三国志において、

曹操が死に、曹丕が魏を建国した時期と似たような情勢になったわけである。

 

相対的に有利だったのは、前燕である。

中華の先進地域を掌握し、

そして軍事力の源泉である、馬の調達が最も優位である。

また人口も相対的に多かった。

石勒、石虎が河北への徙民(強制移住)を断行したことも大きい。

関中からの徙民も多く、逆に関中は割りを食った。

 

東晋は領域こそ広いが、

まだまだ開発後進エリアばかりである。

三国時代、蜀と呉が開発したとは言え、まだまだであった。

 

前秦は、

最も劣勢である。

関中は守りやすいエリアだが、

領域が狭すぎる。

馬は調達できるが、前燕の広大な領域にはかなわない。

 

また、生産に関しても、

東晋は八王の乱以降の乱世から難を逃れたエリアが多いが、

関中、長安はその真っただ中にあり、荒廃していた。

上記の通り、後趙の石勒、石虎の徙民政策により、人口も減少し、

開発農地なども縮小していたと思われる。

人口が減れば耕す人もいなくなり、荒廃するのが常である。

 

しかしながら、

関中の名の通り、四方を関と地形的要衝に守られる、

この関中という名の、大きな城とも言えるこの場所は、

前秦が息をひそめて力を蓄えるのに、多大なメリットを与えたのである。

 

こうして、

前燕、東晋、前秦という三国鼎立という、

つかの間のバランスオブパワーが

成立したのである。