歴史マニアのための魏晋南北朝史~歴史の真髄〜

三国時代から西晋、八王の乱、永嘉の乱、そして東晋と五胡の時代へ。

太宗簡文帝司馬昱、この称号は「司馬昭の後継者」を意味する。

太宗簡文帝司馬昱、この名前の意味。

 

 

司馬昱が皇帝となる、その意味。

 

●司馬昱が司馬昭を継ぐ。

 

太宗簡文帝司馬昱。

 

廟号が太宗、

諡号が簡文帝である。

 

これには深い意味がある。

 

これは、

西晋・東晋の祖、

司馬昭を継ぐことの宣言である。

 

太宗簡文帝司馬昱は372年に死去、

桓温は373年に死去するので、この廟号と諡号を

決めたのは桓温である。

 

桓温の意図は、

司馬昱が司馬昭になぞらえて同じ立ち位置の人物となる

ということであった。

 

これについて説明したい。

 

●太宗の意味。

 

司馬昱が太宗という廟号であることはあまり知られていない。

だが、事実である。

ここに隠された歴史がある。

 

司馬昱が太宗となる時点の歴史において、

太宗と称される人物が一人いる。

 

前漢の文帝である。

 

文帝は、呂氏大乱の結果、

兄の恵帝の血統が絶えた。

それにより、

文帝は長安に迎えられ皇帝となった。

 

 

これにより血統が変わる。

 

天命を受けた皇帝の血統が変わると、

この当事者の人物自体も顕彰される。

 

この家の祖として、

太宗という廟号を贈られる。

 

「太」=はじまり。

「宗」=おおもと。

 

という意味である。

 

なお、

「祖」=創始者

である。

 

 

この家系、血統の始まりの人という意味である。

 

血統を変えたことを宣言しているのに等しいのである。

 

太宗と言えば、中国史で最も有名なのは、

唐の太宗李世民であろう。

 

李世民も実は、血統を変えている。

 

626年の玄武門の変で

本来は皇太子であった兄をクーデーターで廃嫡。

李世民が皇統を奪っているのである。

 

だから、

太宗となる。

 

太宗に対する一般的な印象は、

名君だから太宗というものだと思う。

 

しかし、これは太宗李世民が名君とされたからであって、

本来の意味は新しい皇統を立てた人物のことである。

 

さらに言うと李世民の諡号は大変長いものだが、

彼も文帝である。(後に「武」という諡号も玄宗の時代に付け加えられた)

 

李世民は、「唐太宗文帝」である。のちに武帝ともなった。

 

下記は、武帝の意味を認識していなかったために

後に李世民が武帝ともなった経緯を記している。

諡号が長くなる理由でもある。

 

www.rekishinoshinzui.com

 

 

 

●「唐太宗」

 

このように、皇統が変わると太宗、なのである。

 

太祖というのは、

王朝の創始者である。

天命を受けた当事者である。

 

天命を受けたのはあくまでこの創始者その人であり、

子孫は、皇帝ではあるものの、

創始者の遺志・意思を代行する立場である。

 

これが中華皇帝というものの在り方である。

 

太祖は唯一一人で変わらない。

西晋・東晋の場合には、司馬昭である。

 

しかし、司馬昭が受けた天命を代行する子孫の血統が、

ここで司馬昱に変わったということなのである。

 

●簡文帝、つまり「文帝」

 

司馬昱は諡号が簡文帝である。

 

実は文帝というのは、

既に西晋・東晋王朝では存在している。

 

司馬昭のことである。

 

司馬昭は

太祖文帝であった。

 

つまり、桓温は司馬昱を「文帝」とすることで、

西晋・東晋の祖司馬昭になぞらえているのである。

 

天命は変わらず、

西晋・東晋王朝のものであるが、

事実上皇統が司馬昱のものとなり、

ここでいわば、王朝内革命が起きたのである。

 

また、前漢の太宗文帝になぞらえることで、

新時代の到来を感じさせる。

こうすることで、

桓温は、

異民族による華北統一王朝の脅威に対処し、

再度の北伐を企図するのである。

 

実際にこの太宗という廟号・諡号をつけられたのは、

司馬昱の死後だが、

こうした位置付けであったのである。

 

しかし、

司馬昱は371年に即位するも、

翌372年に早くも崩御する。

 

幼帝に変わって、老年の司馬昱を皇帝に据えることで、

強力なリーダーシップの下で、

北伐や土断の推進などに当たろうとしたが、

すぐにその桓温の夢は潰えてしまうのである。