歴史マニアのための魏晋南北朝史~歴史の真髄〜

三国時代から西晋、八王の乱、永嘉の乱、そして東晋と五胡の時代へ。

鮮卑慕容部の後援で拓跋什翼犍が独立。

 

 

●鮮卑慕容部の後ろ盾を得て鮮卑拓跋氏が自立。

 

これを機に拓跋什翼犍は鮮卑慕容部と手を結び、

婚姻関係を結ぶ。拓跋什翼犍が石虎から離反したことになる。

 

拓跋什翼犍の初めの王后は、

慕容皝の妹であり、その王后の死後二番目の王后に

迎えたのは慕容皝の娘である。

 

これは鮮卑慕容部が前燕を建国したのちも続き、

370年に前燕が前秦王猛に滅ぼされるまで続く。

 

 拓跋什翼犍による鮮卑拓跋氏の復興、独立は、

遼東の鮮卑慕容部が後ろ盾であったということになる。

これは事実上、鮮卑慕容部に鮮卑拓跋氏が従属するというものである。

 

鮮卑慕容部は以前から東晋の冊封下にあった。

西晋以来中華王朝に親しむ鮮卑拓跋氏は

異民族の石虎よりも、中華王朝の東晋皇帝を選ぶ方が、

伝統的な政策に馴染みやすかった。

 

また、

異民族が中華王朝と結びつくというのは、

相当の権益もあったのだろう。

鮮卑拓跋氏の親中華、

つまり西晋・東晋との友好関係を継続するというのは

頑として揺るがない。

 

我々が想像できる以上に、

異民族にとって中華王朝と交易ができるということは、

多大な繁栄を保証するのであろう。

例えば一説には、馬は現代の自動車一台と同程度の価値で取引されたという。

子どもの頃から当たり前のようにその辺にいる馬一頭で、

一年間生活できるほどの利益になるのだから、それはとてつもない富なのであろう。

 

そして中華の文明力はたとえ長江の南に撤退したといえど、

強烈な印象を残し、常に従属せざるを得ないのかもしれない。

 

 

こうして、

拓跋什翼犍は、鮮卑拓跋氏の統一と

自立を一挙に達成したのである。

 

慕容皝が石虎を撃退するという快挙の裏で、

鮮卑拓跋氏の統一と自立が成し遂げられた。

 

●鮮卑慕容部の勢力伸長

 

 

352年前燕成立。

357年鄴へ遷都。

 

前燕の快進撃もあり、鮮卑拓跋氏は南方が安定する。

前秦とも通交は怠らず、拓跋什翼健はそつがなかった

一方漠北の遊牧民族高車に対しては攻勢を仕掛け大勝。

363年と370年の二度攻撃して打ち破っている。

 

このように、

旧黄河回廊を中心に北方を支配していた鮮卑拓跋氏の拓跋什翼犍。

 

前燕、前秦、東晋がしのぎを削る、その外側で

うまく勢力を伸ばしていたのがこの鮮卑拓跋氏、代王国である。

 

そんな好調の拓跋什翼犍の足元をすくう勢力が現れる。

 

鮮卑拓跋氏の前代の北方異民族の覇者、匈奴の末裔である。

●参考図書:

 

 

五胡十六国―中国史上の民族大移動 (東方選書)

五胡十六国―中国史上の民族大移動 (東方選書)

 

 

歴史とは何か (第1巻) (岡田英弘著作集(全8巻))

歴史とは何か (第1巻) (岡田英弘著作集(全8巻))

 
シナ(チャイナ)とは何か (第4巻) (岡田英弘著作集(全8巻))

シナ(チャイナ)とは何か (第4巻) (岡田英弘著作集(全8巻))

 
この厄介な国、中国 (ワック文庫)

この厄介な国、中国 (ワック文庫)

 

 

 

中国史〈2〉―三国~唐 (世界歴史大系)

中国史〈2〉―三国~唐 (世界歴史大系)

  • 作者: 松丸道雄,斯波義信,浜下武志,池田温,神田信夫
  • 出版社/メーカー: 山川出版社
  • 発売日: 1996/08/01
  • メディア: 単行本
  • クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

魏晋南北朝 (講談社学術文庫)

魏晋南北朝 (講談社学術文庫)

 
中華の崩壊と拡大(魏晋南北朝)

中華の崩壊と拡大(魏晋南北朝)

 
魏晋南北朝通史〈内編〉 (東洋文庫)

魏晋南北朝通史〈内編〉 (東洋文庫)

 

  

中国歴史地図集 (1955年) (現代国民基本知識叢書〈第3輯〉)

中国歴史地図集 (1955年) (現代国民基本知識叢書〈第3輯〉)

 

 

 

 

地図上的中国史 : 図説中国歴史(全22セット)

地図上的中国史 : 図説中国歴史(全22セット)