歴史マニアのための魏晋南北朝史~歴史の真髄〜中国史・日本史全般拡大中

三国時代から西晋、八王の乱、永嘉の乱、そして東晋と五胡の時代へ。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

隴ってどこ?

天水が隴だった。(隴右)

狄道が隴だった。(隴左)


諸葛孔明の北伐を調べるにあたり、

天水と関中が山脈によって隔たれていることを知った。

関中の一番左が陳倉、そこから

山を越えると天水がある。

 

エリアが違うのだ。

だから、魏としては諸葛孔明がどっちを狙っているのかを気にしていた。

関中なのか、天水方面なのか。

 

と考えたときに思い出した。

「隴を得て、蜀を望む」

これは、曹操と後漢光武帝が言った言葉として伝えられている。

欲望にきりがないことの例えだ。略して「望蜀」ともいう。

 

そうだ、隴ってどこだ?

 

と思って調べたら、

隴関という関所がある。

 

陳倉から天水に行く山の中にあるようだ。

この関所を抜けて天水に行く。

 

隴右という言葉がある。

これが天水を中心とする呼び方。

では、隴左とは?

調べてみると、狄道という言葉が出てきた。

あの姜維の「狄道の戦い」(253年)だ。

 

蜀はずっと隴を狙っていた。

魏は隴を支配しきれていなかった。

だから蜀は姜族など異民族とのネットワークがあるこのエリアをずっと狙っていたわけである。

隴ってどこ