歴史マニアのための魏晋南北朝史~歴史の真髄〜中国史・日本史全般拡大中

これまでは三国時代から西晋。今は八王の乱、永嘉の乱。八王の乱、永嘉の乱は最高に面白い。

諸葛孔明 北伐は何が目標か

諸葛孔明の第一次北伐は、

劉邦をベンチマークしている。

斜谷道と見せかけて(趙雲を使った)

陳倉ではなく、天水、隴であった。

 

しかし、隴関を抑えれば、隴の完全獲得だが、

街亭で馬謖が敗れたことにより、撤退。

天水や隴関までの距離を考えると、

斜谷道の陽動だけでは、一挙制圧までは間に合わない気もする。

 

隴関を取って、隴の確保が第一次北伐の戦略目標。

 

二次北伐は、斜谷道で陳倉。関中狙い。

三次北伐は、二次が簡単に撤退で終わってしまったため、

次の地歩として、武都郡の制圧。

四次北伐は、またもや隴。司馬懿ののらりくらり作戦により戦えず、

兵糧切れで撤退。

五次征伐は、五丈原に出て、決戦狙いで陣没という結果である。