歴史マニアのための魏晋南北朝史~歴史の真髄〜中国史・日本史全般拡大中

これまでは三国時代から西晋。今は八王の乱、永嘉の乱。八王の乱、永嘉の乱は最高に面白い。

異民族と漢人~匈奴~

曹操が異民族を中原に移住させたことが、

のちの永嘉の乱の遠因となったとよく言われる。

 

そもそも調べてみると、

前漢・後漢もそうした移住はあった。

 

 

漢人と異民族との国同士での衝突は、

匈奴の冒頓単于に始まる。

 

北方の遊牧地帯を始めて統一した冒頓単于。

一方、同時期に漢人の統一国家・漢を建国した劉邦が、

紀元前200年、白登山の戦い。

当時平城、現在の大同市。異民族戦になるとよく出てくる名前。チンギス・ハンも金征伐の際まず初めに攻めた大きな城はここ。


 新しい画像 (22)




遊牧エリアと農耕エリアの境目にある重要都市。

 

ここで、劉邦が冒頓単于に実質的に敗北したことから

両者のかかわりは始まる。

中華統一後、劉邦は韓信をはじめとして、

主要な功臣を粛清していたため親征することになった。

 

しかし、巧みな冒頓単于の謀略により、

白登山に包囲される。陳平の、冒頓単于夫人に対する策略で、

命からがら脱出した。

そののち、両社は和睦。匈奴・冒頓単于側に有利な内容で、

漢は匈奴に毎年財物を贈ることとなった。

異民族に対して財物を贈って和を買うのは北宋が初めてではない。

 

その後、前漢武帝が匈奴討伐をするまで、

匈奴から前漢は属国扱いされていた。

 

前漢武帝は霍去病に命じて、匈奴を打ち破る。

 

のち、呼韓邪単于(在位:前58 - 31年)に王昭君を嫁がせ、

実質的に漢の従属国となる。

呼韓邪単于の頃には、遊牧民のお家芸の相続問題で匈奴内が分裂。

(ちなみにモンゴル・元朝になっても同様。相続方法が統一した権力を志向しないため。)

これを解決したのは、満州族の清雍正帝。太子密建という。皇帝の玉座の真上にある、

「正大公明」の額の裏に後継者の名前を書いた勅書を置いておく。

雍正帝自身が皇位継承に後ろ暗いものがあったため、整備した。)

 

最盛期には匈奴の勢力範囲は、西はアラル海、東は満州までであったが、

このころは分裂していたため、弱体化していた。

 

しかしながら、王莽が華夷秩序の発想から、

匈奴を不必要に見下した対応をしたことにより、

匈奴が反抗。

後漢になってもそれは続くが、

匈奴自体が飢饉をきっかけに南北に分裂。

 

南匈奴は後漢に従属、北匈奴を滅ぼした。