歴史マニアのための魏晋南北朝史~歴史の真髄〜

三国時代から西晋、八王の乱、永嘉の乱、そして東晋と五胡の時代へ。

胡漢融合

北魏の成功要因・失敗要因は漢化したかしなかったか。

北魏の歴史を俯瞰した時に、 漢化というテーマをどう扱うかで、国勢が定まっている。 この扱い方が、成功要因・失敗要因となっている。 ●北魏の成功要因・失敗要因は漢化である。 北魏の成功要因は漢化しないこと。 道武帝、太武帝の向かうところ敵なしの強…

北魏道武帝拓跋珪、6つの革新政策その2「④仏教保護 ⑤「魏」のストーリーを継ぐ ⑥抹殺戦法」

≪①からの続き≫ ●拓跋珪の6つの革新政策。 ●国家主体の仏教保護 ●「④仏教保護」施策 ●中華国家としての在り方。 ●「⑤「魏」のストーリーを継ぐ」施策 ●匈奴の劉淵をベンチマークする拓跋珪 ●異民族は抹殺 ●「⑥抹殺戦法」 ●拓跋珪の凄さは胡漢を分けて考え融合…

北魏道武帝拓跋珪、6つの革新政策その1「①異民族の地に留まる。 ②漢化しない。 ③皇帝集権」

見過ごされがちな道武帝拓跋珪の政策。 しかしながら、 拓跋珪の存在、実績は五胡十六国時代が生み出した成果である。 ●拓跋珪の6つの革新政策。 ●漢化してしまうと滅びてしまう異民族国家 ●漢化しないで、より軍事力を強める。 「①異民族の地に留まる。②漢…

胡漢融合の集大成が唐太宗という存在。

胡漢融合の集大成が唐太宗という存在。 ●唐太宗の時代に胡漢融合が完成する。 ●胡漢融合の歴史を簡潔に述べる。 ●鮮卑による中華征服成る。 五胡十六国時代に始まり、唐太宗の時代に 胡漢融合は完了する。 胡漢融合の歴史を経緯と結論を下記に簡潔に示す。 ●…