歴史マニアのための魏晋南北朝史~歴史の真髄〜

三国時代から西晋、八王の乱、永嘉の乱、そして東晋と五胡の時代へ。

徙民政策②この政策を石勒が完成させる。

曹操・曹丕により、

政策化した徙民政策。

 

これを大いに活用するのが、

五胡十六国時代の幕を開けた石勒である。

 

 

●後漢末より大乱だった西晋末

 

西晋武帝司馬炎による一時の平和ののち、

八王の乱、永嘉の乱が起きる。

 

足かけ23年の争乱であり、

黄巾の乱以降の争乱と勝るとも劣らない大乱であった。

 

後漢末は207年時点で曹操が華北を掌握するので、

華北は落ち着く。184年の黄巾の乱から23年後のことである。

 

しかし西晋末期は、

328年に石勒が劉曜を打ち破るまで、華北は大乱が続くのである。

290年に八王の乱が始まってから38年後のことだ。

 

こういう視点で見ると、

西晋末期の方が後漢末よりも大乱だったと言える。

 

当然、人口も減少する。

中心部からは争乱の為に民が逃げる。

 

特に今回は西晋の残党が江南に逃げてしまったので、

より民が流動化した。

 

中華の主要部に民がいなくなったのである。

 

こうした中登場したのが石勒である。

 

争乱を締めくくった石勒は、

国づくりをするために民を徙す必要に迫られる。

 

曹操や曹丕と同じく、中華復興のために

民の調達、すなわち徙民が必要になる。

 

●最も大規模な徙民政策を行った石勒

 

石勒は、

ざっと660万人以上の民を徙民した。

 

西晋は司馬炎が皇帝になった265年に

1600万人の人口がいた。

その後三国統一で人口は増え、

八王の乱以降の大乱で人口は減少。

 

ざっとプラスマイナスゼロと仮定するのなら、

約4割の民を石勒は動かしたことになる。

 

民の二人に一人は強制移住させたということである。

また、貴族名族など動かせない権力者もいたであろうから、

庶民の感覚としては殆どの人が徙民政策、

つまり強制移住の対象者となったわけである。

 

西晋末期の争乱を収めたのは石勒である。

石勒は曹操と同じ立ち位置である。

●石勒と曹操

石勒は歴史上の曹操の後継者と言える。

 

www.rekishinoshinzui.com

 

 

www.rekishinoshinzui.com

 

 

●西晋末の大乱を収めた石勒は中華の人口分布を改造する。

 

石勒は、

江南、荊州、蜀以外は掌握した。

 

これで西晋末期の争乱はひと段落したのである。

そのため曹操、曹丕と同様に徙民を実施する。

 

だから規模が大きい。

石勒の果断な実行力も大きいが、

必要に迫られたものである。

 

最も規模の大きい移動は、

関中から関東、つまり河北への徙民である。

 

●関中が無人の野に。

 

 

これは、

石勒のライバル劉曜を攻略した後、

関中を根こそぎ滅ぼすためである。

 

石勒の本拠地鄴や襄国周辺に配置した。

数は実に365万人以上である。

西晋初の人口で見れば2割の民を集めたのである。

関中の存在感を喪失させるのに十分な人数だったと思われる。

 

 

この後、関中は苻堅の祖父苻健が帰るまで、

歴史上に出て来ない。

 

関中は石勒が根こそぎ民を徙民するまで

中華の重要な拠点であった。

 

長安を中心とした関中は、

後漢末大きな被害を受けた。

 

これを復興させたのが鍾繇である。

復興した関中は曹操の覇業を大いに助ける。

曹操の河北での戦いをバックで物資等を送って支援したのだった。

 

だから、曹操は覇業がなったのち、

鍾繇を指して、私の蕭何だ、と称賛した。

 

魏において、長安は

対蜀戦線の軍都として重要な拠点となる。

 

西晋においてもこれは同様で、蜀を滅ぼした後も、

北方や西方の異民族、鮮卑や羌族などへ睨みを利かせる重要拠点であった。

軍都長安は八王の乱でも存在感を見せる。

 

八王の一人、司馬顒(しばぎょう)がここに割拠して、八王の乱に影響を与えた。

後に西晋の残党を滅ぼして劉曜が入り、石勒と対立する。

長安は中原・河北の対立軸として常に存在感を見せた。

 

だが、

石勒の大規模な徙民により長安、関中は存在感を失った。

石勒にとっては憎き劉曜を支えた民を奴隷にして、

根こそぎ自身の領地、庭に持ってきたに過ぎなかった。

 

そのまま、自分のお膝元に置くことで、

関中の勢力を完全消滅させる。

そして

石勒の後趙建設の貴重な人的資源として

扱われたのである。

 

石勒の行ったこの徙民政策こそが

典型的な事例である。

●参考図書:

 

五胡十六国―中国史上の民族大移動 (東方選書)

五胡十六国―中国史上の民族大移動 (東方選書)

 
魏晋南北朝 (講談社学術文庫)

魏晋南北朝 (講談社学術文庫)

 

 

 

中華の崩壊と拡大(魏晋南北朝)

中華の崩壊と拡大(魏晋南北朝)