歴史マニアのための魏晋南北朝史~歴史の真髄〜中国史・日本史全般拡大中

これまでは三国時代から西晋。今は八王の乱、永嘉の乱。八王の乱、永嘉の乱は最高に面白い。

②何故斉の桓公は重耳を受け入れたか。

①斉の桓公は重耳の亡命を喜ぶ。 ②斉の桓公は晋に介入しない。 ③姫姓の国は重耳を嫌がる。 ④晋に関心のない桓公が重耳亡命を喜び、姫姓の国が重耳を嫌う、その結論 何故斉の桓公は重耳を受け入れたか、に関して、 3つの視点から考えていきたい。 ①斉の桓公は…

①何故斉の桓公は重耳を受け入れたか。=問題提起=

何故斉の桓公は重耳を受け入れたか。 後に春秋五覇の一人となる、晋の文公、重耳。彼は公になる前は流浪の公子であった。 ●斉の桓公は本来の晋の後継者争いを差配する立場である。 ●重耳を冷遇するのは全て姫姓の国である。 ●異姓の国 衛で冷たくあしらわれ…

劉淵・石勒 事績が分かりにくい理由

劉淵、石勒に関する書物というのは非常に少ない。 特に石勒は少ない。中華史を大きく変えた人物なのに、注目されないのはなぜか。 ●魏晋南北朝時代は中華圏と異民族圏の壮大な戦いの時代 ●中華と匈奴の合いの子、劉淵の誕生: ●劉淵の志を継ぐ石勒、胡漢融合…

みんなの歴史の「偏見」が集まれば真実に限りなく近づく

円は線の集合体と見ることもできる。 一本一本線が集まっている。 ミクロンの世界では線の集合体だが、肉眼で見たら円にしか見えない。 ●どうしてもフィクション性があるのが歴史 ●歴史学者すら真実にはたどり着かない。 それが限りなく真円に近づいていく。…

攻城戦 夜討ちや夜の銅鑼、鬨の声の効果。

攻城戦について、 よく語られる情景の一つとして、 守兵を眠らせないというのがある。 ●夜に攻めかけることの意味 夜討ちを繰り返したり、 銅鑼や罵声、鬨の声で 守兵が眠れず、士気が低下した、 それで隙ができて、 謀略が成功し、落城した、という話だ。 …

東晋の歴史概観=五つの勢力が相争う内乱の歴史

東晋の歴史は内乱の歴史である。 下記五つの勢力が相争う。 皇帝宗族外戚(北)北来貴族(北)北府軍(北)江南土着勢力(南)西府軍(南) ※()内は由来。北は華北から逃げて来た勢力の集まり。 南は土着勢力。 ●318年東晋成立 五陣営の権力争い ●西府軍総…

石勒、312年葛陂の悟り=これこそが劉聡、劉曜と袂を分つきっかけである=

石勒が異民族から英雄に進化したのは、葛陂の戦いである。 許昌南西方面の豫州汝陰郡葛陂において、寿春を目の前にして立ち往生したときである。 石勒は司馬睿軍が駐屯する寿春を前に立ち往生。 引用:中国歴史地図集 ●石勒、葛陂にて悟る。 葛陂にたどり着…

歴史とは「私はこう思う」で良い。

歴史はその現場を実際に見てきた人しか、 真実を知り得ない。 書物で読んだとしても、 その事実は書いた著者の見たい歴史像に左右されている。 我々が知り得る歴史は全て、誰かの目を通して認識した歴史になっている。 ある事象を史記で読んで理解したとする…

関羽の実態は、義兄劉備を政治的に追い込んだ張本人

関羽については、いつかしっかりと事跡を辿りたいが、長編になるので、ここでは結論から言いたい。 ●関羽の襄陽攻撃は独断 ●関羽は事実上の劉備から独立していた。 ●劉備の政治生命にとって致命的な荊州失陥 ●荊州失陥のスケープゴートになった劉封と孟達 関…

虚構の「関羽」の国家利用=明のプロパガンダ三国志演義=

実態に迫ることで、なぜ関羽が国家利用されたのかを記述したい。 ●関羽 国家と民の心を掴むその理由 ●虚構の関羽 ●実態の関羽 四点から考察 ①桃園の誓い ②義兄弟、そのアンダーグラウンドな世界 ③尊皇の概念で民衆が動く時代ではない。 ④荊州失陥、悲劇では…

石勒はソグド人か②=石勒は安禄山と同じソグド人、祖先は大月氏=

石勒の先進性は、その出自に由来する。 異民族どころではない、歴史の孤児石勒。 その由来を辿る。

石勒はソグド人か①=「石勒」という名前はトルコの当て字=

石勒の出自に関して記述をしたい。 ●石勒の出身民族、羯とは。 ●なぜ石勒は「石勒」という名前になったのか。 ●なぜ、わかりきった名前にしたのか。「石勒」≠匈奴。 石勒は、羌渠部から派生した羯族の一人と言われている。 これはあてにならないと私は考えて…

東晋丞相王導の献言で司馬睿が南遷したという「嘘」=彼は保身に走る単なる政治家である。=

王導の献言で司馬睿が南遷したというのは嘘だ。 ●王導の虚実 ●司馬睿南遷は司馬越の指示 ●司馬越直属の参軍王導は監軍として司馬睿南遷に同行。 参軍とは: 監軍とは: ●王導の自己保身 ●●●●●司馬越の監軍 王導●●● www.rekishinoshinzui.com ●王導の虚実 後…

差別された側が、差別した側を打倒していくのが中華の歴史である。=漢、唐、元が概念を変える=

漢人の異民族に対する差別は、近代の白人の、有色人種に対する考えと同じである。 中華の歴史の中で、差別する差別される側というのは、固定していない。 600年から800年のタームで、変化していく。 差別された側が、差別した側を打倒していくのが中華の歴史…

曹操が始めた兵戸制 魏晋南北朝時代にかけての変遷と比較について

●曹操の兵戸制から見える一民衆の悲哀 ●三国時代の呉と蜀漢における兵役とは ●実は平和主義の中華王朝、兵戸制を嫌う。 ●兵戸(鎮)出身の高歓、宇文泰の反乱が北魏を滅ぼす。 ●宇文泰の府兵制。有力豪族に軍隊を組織させ、制度化する。 ●曹操の兵戸制から見…