歴史マニアのための魏晋南北朝史~歴史の真髄〜中国史・日本史全般拡大中

三国時代から西晋、八王の乱、永嘉の乱、そして東晋と五胡の時代へ。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

東晋の滅び方と西晋の滅び方は同じ。

 

 

東晋の歴史は桓玄簒奪で終わる。

 

●皇帝の影が薄い東晋

 

東晋は、

桓玄が皇位を簒奪したことで、

その息の根を事実上止められた。

 

この後劉裕により、

復興させられるが、

それは皇帝の力ではなく、

劉裕とそれを支える貴族名族の力であった。

 

もともと建国当初から、

皇帝の影が薄い東晋。

 

桓玄の簒奪により、

著しく権威を落とした。

 

劉裕の東晋復興で、

東晋皇帝は完全に飾り物になってしまった。

 

西晋、東晋は

皇帝自体が貴族名族出身の、

貴族名族連合と言える国家である。

 

当然両国とも似通った性格を持つ。

 

東晋の

桓玄簒奪と劉裕復興は、

西晋においては、

司馬倫の簒奪、304年の蕩陰(とういん)の戦いが、

歴史上の位置付けが非常に近い。

 

●狭義の八王の乱 宗族クーデター

 

www.rekishinoshinzui.com

www.rekishinoshinzui.com

 

 

司馬倫の簒奪で、

西晋司馬氏の宗族が相争い始める。

 

それは西晋皇帝恵帝の権威が落ちたからである。

 

そして、

それにとどめを刺すのが、

304年の蕩陰(とういん)の戦いである。

 

これは西晋皇帝恵帝が親征して、

宗族の司馬穎を討伐するものであった。

 

しかし、これに恵帝は敗れ、

捕虜となった。

 

www.rekishinoshinzui.com

 

 

これで西晋皇帝という存在は飾りとなった。

どれだけ、

皇帝という唯一人のストーリーがあっても、

実際に強さがなければ、

有名無実となるのである。

 

東晋でも、

西晋末期と同じ状況が起きたのである。

 

桓玄は簒奪する。

 

本当は着実にやればよかったのに、

桓玄自体が皇帝を軽んじていたから、

性急にことを運んでしまった。

 

だから、

皇帝になった桓玄自身も軽んじられるのだが、

桓玄はそれがわからなかった。

 

簒奪者扱いをされた桓玄は劉裕に追い落とされる。

 

このときの皇帝は誰であったのか。

 

●東晋皇帝安帝は知的障害者であった。

 

396年に孝武帝が死ぬと、

あとを継いだのは

安帝である。

 

この安帝は重度の知的障碍者であったが、

司馬道子により擁立された。

 

司馬道子は兄の孝武帝と権力争いをしており、

孝武帝を継ぐ者が

自身に反抗しない者を選ぶ必要があった。

 

安帝の知的障害レベルは、

一切の意思表示ができないという痛ましいものであった。

 

皇帝は意思表示ができない。

 

皇帝の存在感がなくなるのは当然である。

 

桓玄の簒奪も、劉裕の東晋復興も

この皇帝のもと行われた。

 

皇帝の実態がないのだから、

権威がなくなるのは当然である。

 

劉裕が東晋という国を復活させると、

劉裕が東晋を仕切ることになる。

 

●西晋末と東晋末は同じ構図

 

この東晋末の構図、

実は西晋末と同じである。

 

西晋;

 

恵帝、

司馬倫の簒奪。

304年の蕩陰(とういん)の戦いにおける敗北で、

西晋皇帝は死に体となる。

 

東晋;

安帝、

桓玄の簒奪。

劉裕による東晋復興。

東晋皇帝の実態がこれ以後なくなる。

 

このように構図が同じなのは、

非常に興味深い。

 

私は西晋恵帝は暗愚ではなかったと主張している。

●西晋恵帝の謎

 

www.rekishinoshinzui.com

 

 

しかし後世、西晋恵帝は暗愚とされるが、

これは東晋安帝が知的障害者という事実があり、

それを元に恵帝を暗愚だと言い切り、

わざわざ似通った構図にしたと私は考えている。

 

こうした構図にしたのは、

唐太宗末年に成立した晋書が由来である。

 

西晋恵帝の実態に関しては盛りすぎの部分もあるが、

大枠の構図は変わらない。

 

西晋の滅び方と、

東晋の滅び方は同じである。

 

同じ国なのだから、

その問題点も同じなのだろうが、成長がなかったということだ。

 

 

東晋は劉裕の復興以後は、

曹操が後漢献帝を奉じたのちの状態と同様になる。

 

後漢がすでに曹操の国のようになっていたように、

劉裕が権力を握ってから、

もう違う国家へと変貌していく。