歴史マニアのための魏晋南北朝史~歴史の真髄〜中国史・日本史全般拡大中

これまでは三国時代から西晋。今は八王の乱、永嘉の乱。八王の乱、永嘉の乱は最高に面白い。

都市に関心がない異民族=石勒は江南で敗れて襄国に帰るまで都市を占領統治しない。

石勒をはじめ、異民族というのは都市を統治しない。

都市の活用の仕方がわからないのである。

 

 

だから、とにかく略奪するのみ。

おかげで石勒は三度も鄴を陥落させることになる。

なぜなら、石勒は鄴を陥落させても略奪するのみで、都市を統治しない。

略奪の後は捨てるのだ。その後に再度漢人が入り、籠るので、

何度も攻撃しなくてはならなくなる。

 

 

●ただ、中華内地を荒らすだけの石勒

 

汲桑と組んで、
事実上の傭兵稼業のようなことをしてきた石勒は、
司馬越陣営に敗れ、劉淵のもとに逃げ込む。


その劉淵に兵を授けられた石勒は、
勇躍華北を荒らしまわってきた。

やることは戦いと掠奪である。

それが異民族の流儀である。

 

これは我々の価値観で見てはいけない。

中華の異民族、特にこの場合は、
北方異民族の騎馬を操る民族に限定する。
民族というより部族だが、
彼ら北方異民族は、遊牧民、狩猟民の文化なのである。

 

www.rekishinoshinzui.com

 

それは相手が獣であっても人であってもやることは変わらない。

騎兵で攻めかかる。
寡兵である。

追い回せるのであれば、味方同士で連携をし合い、
追い込む。
囲い込んで、弓矢で殺す。

相手が大軍であれば、
馬に乗って寡兵で攻め込み、
わざと逃げおおせて、
伏兵のいるところまで撤退。

そこで、囲い込んで弓矢で殺す。

残った物資を奪い去る。
というわけだ。

それは、馬だったり、鎧だったり、
剣だったり、食料だったり。

貨幣が現代のように広く流通しているのならともかく、
この当時の貨幣の流通は限定されていた。

となれば、
このようなわかりやすく交易しやすい物資は、イコール金銭になる。

鎧は馬に変えられる。食料にも、武器にも。

略奪は経済活動なのである。

 

 

●北方異民族にとって都市自体に価値はなかった。

 

異民族は都市の統治に関心がない。
意義を感じないということだ。
そのぐらい、漢人たち農耕文明と、
異民族の文明は隔絶している。

文明、文化を共有できないのだ。

都市はたくさんの物資を集めた倉庫ぐらいの感覚ではないか。

都市や土地を占領統治するという価値観がない。

仲間ではない相手の集団、
つまり他部族を見つけたら交戦し、
物資を奪い取る。

それが異民族の流儀である。

土地に執着がない。

だから匈奴漢は度々本拠を変える。
本拠に物資がなくなれば、
引っ越しするだけだ。

漢人のように、
洛陽だったり、長安だったりに
こだわる必要がない。

そこにこだわるのは漢人ルーツの王朝が
都を置いたからである。

当初は統治の利便性で選んだ。
だが魏晋期になってくると、
利便性よりも統治正当性を主張するための意義の方が上回った。

だから、
覇業を目指す勢力は、
軍事上の機動力を確保しなくてはならない。

戦いに勝たなくてはならないからだ。

その条件に合致する鄴は覇業を目指す勢力に人気となる。
幽州も徐々に存在感を増してくる。

この二つは
騎馬を駆る異民族にも使いやすい。

なぜなら
洛陽や長安に比べて周囲の平野が広く、
騎兵で動き回りやすいからだ。

利便性で選ぶと、
鄴や幽州の優先順位が高くなる。

 

www.rekishinoshinzui.com

 

そうなってきたのが魏晋南北朝時代である。

この隔絶とした価値観、
我々が想像するよりも大きい。


とにかく中華の都市を荒らすのみ。
それが異民族である。